1608_milk.jpgmilktub・bamboo

 明るくおバカで底抜けにポジティブなパンクロックサウンドで、リスナーたちに元気をドーピングし続けて25年のサウンドユニット・milktubが、7月24日、東京・渋谷CLUB QUATTROにて、ワンマンライブを開催した。

 milktub結成25周年記念となる今回のライブは、奇しくもボーカル・bambooの43歳の誕生日当日に開催。また歴代の人気楽曲を網羅するオールタイムベストなセットリストであると同時に、今年で歌手活動を引退する盟友・佐藤ひろ美もゲスト出演するというスペシャルな内容となっていた。モッシュあり、ダイブあり、笑いあり、涙あり、抱き枕ありと見どころ満載なステージが展開した。 

 今回はそんなライブの模様をお届けしよう!

■アッパーチューンの連発で爆走!

 ライブは、タイトなビートとへヴィなギターが超ポップなメロディとともに疾走する「Love Song」で幕を開けた。ロックスターを夢見ていたかつての少年時代を回想しつつ、今もまだ夢を追いかけている途中というmilktubのスタンスを歌い上げたこの曲は、まさに今日のオープニングにピッタリ。爆音に背中を押されるようにボーカル・bambooとギター・一番星☆光が前に躍り出ると、フロアに集った満場の観客も一斉に拳と掛け声を上げて応える。すさまじい一体感だ。

 この勢いに乗って、「MAKE ME HAPPY」「Rumbling Life」「春夏冬ROCKN’ROLL」と、今までmilktubがリリースしてきたオリジナルアルバムのリードナンバーが立て続けに披露される。いずれも劣らぬ、パンク&ポップチューンで会場の熱気はグイグイ上昇していく。

一気に4曲を歌い上げたbambooは、一息つきつつ「今日は楽しんでいこうぜ!」と宣言。また、満員御礼となっているフロアを見渡しつつ「普段からこのくらい(ライブに)来いよ!」と冗談交じりにコメントし会場を爆笑の渦に巻き込む。ステージ上とフロアの距離感を感じさせないbambooの親しみやすいキャラクターに、会場はアットホームな空気に包まれた。

 そこから「今も現在進行形で中二病だ!」と宣言する「Fourteen-Sick」、チョッパーベースとミクスチャー風味な歌メロが最高にクールな「NO,THANK YOU!!!」と、高速ナンバーがライブ序盤を盛り上げた。

エロゲー業界に感謝と恩返しを! milktub結成25周年記念ライブ『milktub 25th Anniversary M25 TOKYO』レポート!のページです。おたぽるは、イベント情報・レポアニメの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…