1608_kimikoe.jpg
『キミコエ・オーディション』公式サイトより。

μ's」や「スフィア」、「TrySail」など、女性声優ユニットがアイドルのような爆発的人気を誇る昨今。「私も声優になってスポットライトを浴びたい!」と思う女子が増えているようだ。そんな中、女性声優ユニット育成プロジェクトが今年の3月1日に発足し、「キミコエ・オーディション supported by ファミリー劇場」が開催されている。現在ファイナリスト15名がオーディションを受けているのだが、これには「いいねぇ、こういうのはどんどんやるべき!」「奮闘してますな、頑張れ~!」と応援の声が上がっている。

 キミコエオーディションとは、将来的に声優・アーティストとして活躍したい14歳~25歳の女性を対象に「声」に重点を置いた審査を行い、複数名を決定。合格者は東北新社グループの事務所に所属し、2017年に公開されるMADHOUSE/東北新社制作の劇場アニメーション作品にてメインキャスト声優として出演したり、歌手ユニットとしてデビューが約束されるというもの。

 審査方法は1次が「書類・提出音源」による審査、2次が「面接・実技」、3次が「合宿・実技」となっており、最後に最終審査が行われる。応募総数役3,000人の中から数名が選ばれるのだが、すでに現時点でファイナリスト15名にまで絞られており、審査は3次に突入。8月7日には最終審査が開催される。

 審査員はアニメ『プリキュア』シリーズ(朝日放送系)で知られるアニメーション監督・伊藤尚往氏や、アニメ『ラブライブ!』(TOKYO MXほか)における「μ's」の音楽プロデュースを手がけた木皿陽平氏、『アクエリオンロゴス』(TOKYO MXほか)の音響監督を担当した清水洋史氏などが務める。さらに、公式サイトでは一般投票も行われており、1日1票投票することができるため、勝敗を大きく左右する。

 公式サイトではファイナリスト15名の紹介動画やセリフを読んでいる音声、課題曲の独唱を聞くことができる。紹介動画では自己PRのため縄跳びを飛んだり、得意な歌を歌ったり、ブリッジを披露したりと各々の特技を披露するファイナリストたち。緊張しながらカメラ前に立つ初々しい姿に「これは応援したくなる!!」「皆頑張ってるな……汚れちまった俺には眩しすぎて泣けてくるわ」「キラキラっすな~皆全力で応援するわ」といった声が。

 また、オーディションの舞台裏が『~声優発掘バラエティ~キミコエTV』(ファミリー劇場)で見られるほか、初回放送後「ファミリー劇場YouTubeチャンネル」でも見られるので、「これはかつての伝説的番組『ASAYAN』ではないか!」「アサヤンっぽくてなつい!」と1990年代に放送され、モーニング娘。や鈴木亜美を発掘したオーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)を思い出す者も。

 中には「まだ13歳やったからオーディションうけれんかったあああ、ファイナリスト浦山」「性別と年齢がひっかかってなければ最終まで行けた自信あるのに……(男・46歳)」と、応募条件に満たず涙を飲んだ者の声も聞かれる。

 投票期間は7月16日~8月6日となっており、現在中間発表も行われている。8月5日17時時点の人気1位が岩淵桃音(いわぶちももね・16)、2位が三澤さくら(16)、3位が神戸光歩(かんべみつほ・19)となっている。もしかしたら出来レースなのかも……という疑念が頭をかすめるものの、一生懸命オーディションに取り組む少女たちの姿は美しい。この中から将来「μ's」や「sphere」のような人気を誇る声優ユニットが生まれることを期待しつつ、生温い目で見守ろうではないか。

μ'sやスフィア、そしてTrySailに続け! 「汚れた俺には眩しすぎて泣ける」次世代のヒロインを決める女性声優ユニットオーディションがキラキラすぎる!!のページです。おたぽるは、アイドル&声優アニソンアニメ声優TrySailμ'sキミコエ・オーディションスフィアプリキュアラブライブ!の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…