義姉との禁断の愛……かと思いきや、観光PRマンガだった 高田桂『あねコン』

『あねコン(1)』(KADOKAWA)  高田桂『あねコン』(KADOKAWA)は、オビが挑発的な作品である。作品の概要を短い言葉で煽ったり、店頭で読者の手に取らせるためのオビ。そこで本作は「大好きだった義姉が未亡人になり結婚のチャンスが到来!」と、近親相姦要素込みの禁断の愛が描かれているのだろ...

あねコン 1<あねコン> (コミックフラッパー)

あねコン 1<あねコン> (コミックフラッパー)

聖地巡礼として“殺生石”を観にいってみては

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル宮脇麻那、Tバック姿で“アレ”が丸見えに!?「恥ずかしかったです……」new
【ソフマップ】グラビアアイドルゆうみの“Hカップ”がこぼれそう!?「揺れてます」
【ソフマップ】グラドル野々宮ミカ、“ポロリ必至”!?「露出にハマる……」
【ソフマップ】「Tバックみたいになっちゃいました!」Fカップグラドル石原佑里子の“食い込み”が……!?

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!