7月30日、佐賀県立美術館にて「キングダム展 in 佐賀」「ロマンシング佐賀展」が開幕。当日、この日を待ち望んだファンが朝早くから列をなしていた。

sagaop1.jpg
写真:オープニングセレモニーにてテープカットの様子

 「キングダム展 in 佐賀」は連載10周年となったマンガ『キングダム』(集英社)の作者・原泰久が佐賀県基山町出身であること、「ロマンシング佐賀展」は人気RPG『ロマンシング・サガ』(スクウェア・エニックス)シリーズとのコラボが3年目となったことの一環として企画された。

sagaop2.jpg
写真:原泰久

 佐賀県知事・山口祥義の挨拶の後、原は「早くから並んでもらったみたいですごくありがたいです。ありがとうございます!」と第一声。「今回地元でキングダム展をやっていただくことができて、本当に嬉しく思っています。そして僕が学生のころからのビッグタイトル『ロマンシング・サガ』と一緒にできることを本当に光栄に思っています」と同時開催を喜んだ。

 原は自身の展示についても「初めてのことなので、大変うれしく思っています。どういうものが展示されるのかはあらかじめ知っていたんですけども、実際に中で展示されているものを見させていただいて、ものすごく感動しました」とコメント。それから「すごく良い場面ばかりがチョイスされて展示されてます。自分の絵はB4サイズで描くんですけども、今回1コマがパネルぐらいの大きさになっています」と見どころに触れた。

sagaop3.jpg
写真:待機列の先頭は開幕の盛り上げに一役買った

 B4サイズからパネルに引き伸ばすことで、絵が荒れてしまわないか不安だったという原。「普段からスタッフには奥行きを感じるように描かないといけないって言ってて、コミックスだと分かりづらいところまで繊細に描いています。今回それがすごく活きたなと思うので、そういうところを見ていただけるとありがたいです」と念を押した。

 また『キングダム』の連載から10周年となったことにも言及。「まぁ10年経ったんだなぁと思って見てたんですけど、やっぱりすごく感動しましたし、10年読者が支えてくれたんだなと思いました。2カ月ぐらい展示していただけて、無料とのことなので、足を運んでゆっくりと見てください」とメッセージを送った。

キングダム 43 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 43 (ヤングジャンプコミックス)

いつか実写化もしてしまうんでしょうか

「キングダム展」「ロマサガ展」が佐賀県立美術館で開幕! 原泰久、小林智美、ケンドーコバヤシらがオープニングへ登場!のページです。おたぽるは、イベント情報・レポマンガ&ラノベRPGキングダムキングダム展 in 佐賀ロマンシング・サガロマンシング佐賀展佐賀県立美術館原泰久小林智美の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ