1607_kokikake0726.jpg
ドラマ『時をかける少女』公式サイトより

 押井守監督による名作映画『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(84年)は、文化祭の前日が何度も何度も繰り返されるところから話が始まる。

 これは、ヒロイン、ラムの望んだ「好きな人たちとずっとずっと楽しく暮らしていきたい」という夢を具現化したものだった。

 この映画にも象徴されるように、文化祭の前日というのは独特の高揚感にあふれているものだ。

 みんなでひとつのものを作り上げていく喜び、本番への不安、お祭りが始まることへの期待。そんなものであふれかえり、胸が高鳴る。そんな中でクラスメイトのふとした姿に心奪われたり、もちろん恋が生まれたりもする。

 それは、一生のうちでも何度かしか味わうことのできない特別な時間だ。

 7月23日放送の『時をかける少女』(日本テレビ系)第3話の舞台はその文化祭。

 7月、未羽(黒島結菜)たちの通う藤浦東高校では、文化祭である「雅涼祭」が開催される。とはいえ、受験を控えた3年生は自由参加、未羽たちの3年6組は不参加を決める。

 参加したかった未羽は不満であったが、クラスの雰囲気が乗り気でなかったこともあり、あきらめざるを得なかった。

「時をかける少女」が「時をかけない」選択をする意味──ドラマ『時をかける少女』第3話レビューのページです。おたぽるは、アイドル&声優芸能プレヤード吉本実憂時をかける少女横溝菜帆竹内涼真菊池風磨黒島結菜の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
桜群の「2017年自分が選ぶ今年の4枚」がどれも天使すぎてやばい!!new
小泉千秋の露出度が一段と過激に?「ブラを取っちゃって、手ぬぐいだけで前を隠しています」
葉月佐和がスッケスケのセクシー衣装で悩殺?「レースだけで大事な部分を隠して、あとはかなりの露出度です」
ほのか、撮影カメラが近すぎてドキドキ?「毛穴のケアは念入りにしておきました」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…