1607_sanada28.jpg
『真田丸』公式サイトより。

 予告の段階で分かっていたことではあったが、今話で豊臣秀次(新納慎也)が退場。いよいよ豊臣政権崩壊待ったなし! という重苦しい展開となったが、それでも古い歴史好き・大河ドラマファンにはうれしいネタがぶっ込まれたり、楽しい見どころもあった大河ドラマ『真田丸』第28話「受難」。なお、前回は参院選の影響で数字を落としていたが、今回の視聴率は17.0%(ビデオリサーチ調べ)ともとの水準に戻ってきている。一安心。

 さて17日に放送された第28話「受難」は、居場所を失った(と思い込んでしまった)秀次は関白の座を放棄し、信繁(堺雅人)を頼って京の真田邸に身を寄せる。一方、信繁は秀吉(小日向文世)から、大谷吉継(片岡愛之助)の娘・春(松岡茉優)との結婚を命じられる。秀吉の怒りを恐れた秀次は、信幸(大泉洋)を伴い高野山へ向かう。秀次の娘の運命を託された信繁は、堺の伝説の商人・呂宋助左衛門(松本幸四郎)のもとを訪れ、彼女をルソン(現在のフィリピン)に連れていくよう依頼するのだが、その間に秀次は切腹を果たしてしまう。逆上した秀吉は、彼の妻や側室、娘たちを処刑させるのだった、という豊臣家好きにはきつい物語が展開された。

 秀次の高野山行き→切腹に至るまでの流れは、これまで、ほぼ見たことも聞いたこともない展開となったが、登場キャラクターたちの心情なども含めて、割と無理なく進行したように思う。ネット上の反応を見ても、「秀次の死は新解釈だったけどよかったな」「秀次の精神的な辛さもわかるし、秀吉の怒りのほどもわかる。現代的であり、大河ドラマとしても見事な解釈。三谷さんは本当にすごい」と、好意的に受け止めるファンが多かった。

 ただ、秀次の娘・たか(岸井ゆきの)をルソンを逃げ出させる下りは、ちょっと無理があったというか……。史実的には、信繁は秀次の娘・隆清院を側室にしていて、子どもも何人か設けているが、彼女がいつどう亡くなったが判然としていない。「脚本上の都合。最初の妻お梅同様、いつ死んだか史実でも不明な女はさっさとフェードアウトさせて信繁の女は正妻ときりの二人だけに絞った模様」といったネット上の書き込みもあったが、これが真実に近い気もする。

 なお、たかを託された呂宋助左衛門だが、彼もまた大河ドラマ『黄金の日日』(1978年)で主役として描かれた人物。もちろん、当時は六代目市川染五郎だった松本幸四郎が演じている。松本幸四郎は約38年ぶりに同役を演じたわけだが、その意気込みを語ったインタビューが『真田丸』公式サイトに掲載されているので、チェックしてみよう。なお、助左衛門登場直前に差し込まれた夕日のカットインは、『黄金の日日』はOPにそっくりだった。オッサン大歓喜である。

ありがとう秀次、安らかに秀次…秀吉&秀次の凄まじい演技力にファン感涙!『真田丸』第28話「受難」レビューのページです。おたぽるは、その他ホビー堺雅人大泉洋新納慎也松岡茉優松本幸四郎真田丸草刈正雄長澤まさみ黄金の日日の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!new
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?