1607_gonzo.jpg
ゴンゾ公式サイトより。

 14日、広告大手アサツーディ・ケイ(ADK)は、アニメ制作会社のゴンゾを買収すると発表した。15日から1株2万6,819円で公開買い付けを実施する。1割を保有するいわかぜキャピタルが応募することで合意している。全株を買い付けた場合の買収金額は約62億円。

ゴンゾといえば、1998年にOVA『青の6号』をリリースし、フルデジタルアニメの先駆者としてその地位を確立。その後は『ブレイブストーリー』や、重厚すぎる展開がシブカッコ良かった『巌窟王』、海外のほうでの知名度が高い『アフロサムライ』シリーズ、佐藤順一監督が手がけた『カレイドスター』、水樹奈々の出世作ともなった『バジリスク ~甲賀忍法帖~』、パンツじゃないから恥ずかしくない『ストライクウィッチーズ』(2期以降はAIC Spirits)などを手がけた、かつてのヒットメーカー。

 だが、ここ数年は元請(製作会社から制作全般を最初に請け負う受注元)を担当することも減り、元請を担当していた作品の中にも、大ヒットにつながった作品も少なかった。

 一方で志やクオリティ自体はすごいのだが、どんな層をターゲットにしているのかが分かりづらい“誰得”オリジナル作を量産してみたり、原作を大幅に改編して原作信者にボコボコに叩かれてみたりと、いい意味でも悪い意味でも話題を提供しつづけてきたメーカーでもあったゴンゾ。

 アニメファンたちにも強いインパクトを残してきたようで、「ゴンゾってまだあったんだ…」「もう優秀なスタッフは抜けてて、出がらし状態だろ」といった辛らつな声ももちろんあるが、「完全版LAST EXILEを作ってくれ」「スピードグラファーみたいにアラだらけでも意欲的なの作ってほしい」「早く妙にシャレオツなOPと序盤が滅茶苦茶面白いオリジナルを作る作業に取り掛かれ」と褒めているのか、けなしているのか微妙なラインだが、とにかく奮起を期待する声も多く上がった。

青の6号 BD-BOX [Blu-ray]

青の6号 BD-BOX [Blu-ray]

当時はすごいインパクトでした

「早く誰得オリジナルに取りかかれ」!? アニメ制作スタジオ「ゴンゾ」を広告大手ADKが約62億円で買収!のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情アフロサムライカレイドスターゴンゾサツーディ・ケイストライクウィッチーズバジリスク ~甲賀忍法帖~青の6号の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
グラドル川崎あやが朝から悩殺ポーズ!午前中から脳ではなく別のところが覚醒しちゃうよ…new
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?