1607_ff15.jpg
映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』公式サイトより。

 知らぬ者なしの人気RPG『FINAL FANTASY』(以下『FF』/スクウェア・エニックス)シリーズではあるが、9月30日に発売される新作ソフト『FINAL FANTASY XV』を別視点で見据えたアナザー・ストーリーといったフレコミの映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV(キングスクレイブFF XV)』が公開されたのでさっそく見に行ってみたら、何のことはない、ゲームの前日譚であった。

 神聖なクリスタルを擁する魔法国家ルシスと、そのクリスタルを狙うニフルハイム帝国の長年におよぶ戦争が、ニフルハイムからの停戦協定の進言によって、ようやく終わろうとしていた。しかし、その条件としてルシスは王子ノクティスをニフルハイム支配下のテネブラエ王国のルナフレーナ・ノックス・フルーレと結婚させなければならず、さらには魔法障壁によって堅く守られている首都インソムニア以外の領地を放棄しなければならない。ルシスの国王レギス直属の特殊部隊“王の剣”ニックス・ウリックは、ルーナの警護の任に就くが……といった映画のストーリーの結末が、ゲームの冒頭へと直結していくのであろう、そんな仕掛けである。

 本作の場合、『FF』シリーズをプレイしたことのないイチゲンさんでも、難なく鑑賞できるメリットがあり(まあ、『FF』そのものが基本的に毎回独立したストーリーではあるのだが)、それこそ『FF』をクリエイトし続けてきたスクウェア(現スクウェア・エニックス)の屋台骨を大いに揺るがすことにもなった2001年のリアル3DCG超大作映画『FINAL FANTASY』(何と総製作費167億円!※当時)からおよそ15年経ってのCG技術の飛躍に改めて目を見張らされるものがある。特に映画の後半、限りなく繰り広げられていくカタストロフ&スペクタクル&バトル描写は圧巻で、時に実写と見まがうショットも多々あり。

 諸所の設定もユニークで、ルシスの首都インソムニアはどこか今の東京を彷彿させる近未来的なデザインがなされており、走っている車なども今の時代のもののようであるのに対し、ニフルハイムのメカ造型などは『FF』ならではのファンタジック情緒あふれるもので、さらには彼らが繰り出す巨大モンスターの登場なども含めて、今回は『FF』っぽくない善と『FF』っぽい悪との確執という構図が際立つ。また“王の剣”の面々がナイフのようなものを投げて、それが突き刺さったところにテレポーテーションできるという技も面白い趣向ではある。

 ただし映画単体として見た場合、たとえば冒頭で本作の世界観の説明をルーナ役を演じた忽那汐里のナレーションで処理しているが、そもそも声優としては不慣れな彼女の声で、さほど難しくもない世界観をもったいぶった言い回しで伝えようとしているため、何だかわかったようなわからないようなモヤッとした気分のままドラマに入っていかなければならないのが最初の難点で、以後も前半部の演出が妙にまだるっこく、どうせ後半部で何が起きるのかは予備知識がなくても見当がつく分、「早くカタストロフが始まらないかなあ」といったこちらの不埒な想いは募るのみなのであった。

 また全体を通して描ききれていないキャラクターが数名いたりするのも(おそらくはゲーム版のほうで深く描かれるのであろうが)、映画としては鬱屈がたまるところであり、もともとはゲームの特典映像として企画が立ち上がったものとも噂で聞くこの作品、結果としては特典の域などはるかに超えたハイクオリティ映像の大作仕立てに圧倒されるものの、どこかいびつな感も否めきれない。

 また01年の映画『FF』が英語台詞の日本語字幕だったのに対し、今回は日本語版での公開となったが、劇場で見る作品テイストとしては英語台詞のほうがふさわしい映画であったような気もしないではない。今回の主役ニックスの顔がどことなくベン・アフレックに似ているから、余計にそう思えたのかもしれないが。

 とはいえ、そのニックスの声を務めた綾野剛はこちらの予想を良い意味で裏切る好演で、彼自身の顔を思い浮かべるいとまもないほど声がキャラとマッチングしており、こういうこともあるから顔出し俳優のヴォイス・キャスティングも一概に否定できないと唸らされる。ただし一方でヒロイン、ルナフレーナ役の忽那汐里は二度も書くのは可哀想だが、まだまだ声が硬く、またルナフレーナの容貌そのものがどことなくタレントのローラそっくりに見えてしまうものだから、いっそのこと彼女でやればよかったのではないかと思ってしまったのも本音(映画『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』のローラの声はそこそこ良かったしね)。

 ゲーム版でのルナフレーナの声は北川里奈が担当と聞くに及び、どちらがどうこうということではなく、こういうものはやはり統一してくれたほうがみんなを幸せにしてくれると思えてならないのだが……。

 リアル路線の3DCGに関してだが、日進月歩の技術の進化とはいえ、やはりキャラクター描写なども含めて、実写に近づこうとすればするほどどこか画面が息苦しくなってしまう傾向を感じる。実写と見まがう瞬間があっても実写にはなり得ない、かといってかつての2Dアニメとは一線を画す今のリアル3DCGアニメは、やはり独自の方向性を目指していくしかないのだろう。

 個人的にはもっと画面から見ている側への風通しがよくなってくれることを期待したいのだが、その伝で申すと、こうした作品は立体視仕様で鑑賞したほうが、より効果的な気もする。というか、3Dメガネを着用し、4DXによるアトラクション感覚で鑑賞したら、さらに楽しかろうと思ってしまった次第。

 さて今回の『FFXV』、この映画版に加えてゲーム版、およびその主人公となるノクティス王子とその仲間たちの交流をセル画タッチの2Dで描いた配信アニメ『BROTHERHOOD FINAL FANTASY』(全5話予定、1~2話配信中)もソフトとして発売されるとのことだが、こちらはキャラクター・デザインや声優のチョイスなどから、『FF』が今のイケメン・アニメ・ブームに乗っかろうとしている感もなきにしもあらずで「これでいいのかファイナルファンタジー?」と幾分突っ込みたくなる気分も正直チラホラ。

 まあ、いずれにせよ今回の劇場版を見てしまうとゲーム版をプレイせずにはいられなくなること必至なので、その意味ではプロジェクトとして成功しているのだろう(もっとも、PS4を未だに持ってない身としては、もう少しハードが安くならない限り、ソフトに手を出せそうにもないのだが……)。
(文・増當竜也)

BROTHERHOOD FINAL FANTASY XV [Blu-ray]

BROTHERHOOD FINAL FANTASY XV [Blu-ray]

ネット上のレビューとか、すごい高い

【劇場アニメレビュー】あくまでゲームの前日譚、映像はすごいが少し喰い足りない……一方で光る綾野剛の好演!『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』のページです。おたぽるは、cat連載アニメ作品レビューFFFINAL FANTASY XVKINGSGLAIVE FINAL FANTASY XVRPG劇場アニメレビュー増當竜也忽那汐里綾野剛の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…