生駒里奈が舞台版『こち亀』出演
舞台版『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のTwitter(@kochikame_stage)より。

 7日、東京・亀有の香取神社で行われた舞台版『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、『こち亀』)のヒット祈願に、同舞台に出演する乃木坂46生駒里奈が出席し、大好きな『こち亀』への出演に「鼻血が出るほどうれしい」と興奮を語った。これには「生駒ちゃんが喜んでるなんて嬉しいじゃないか」「こち亀で生駒里奈輝いてほしいな」と温かい声が上がっている。

週刊少年ジャンプ』での連載40周年を記念して、10年ぶり5度目の舞台版が公演されることになった『こち亀』。同舞台では、両津勘吉が海パン刑事や特殊捜査部隊“SOT”などとともにドタバタな物語を展開する。生駒はオリジナルキャラクターの謎の少女・サキ役として出演するのだが、「毎週ジャンプを買っているジャンプファン」と公言しており、「連載40周年を記念する舞台に出られるなんて、鼻血が出るほどうれしいです」「こうして囲み取材を受けてるのも、暑いので夢なんじゃないかなって思ってます」と喜びをアピール。さらに生駒に対し、ラサールが「生駒ちゃん、よろしくね!」と両津の声で言うと、感激をにじませた声で「もうこういうの、ありがとうございます!」と笑顔を見せた。

 この様子には「はしゃいじゃって、かわいいじゃねぇか。オメデトウ」「生駒ちゃんはコメディエンヌとして大成するはず! よかったね」「生駒さん、ギガちゃんに続き、こち亀も! 活躍めざましいな」と祝福する声が上がった。また「こち亀の生駒ちゃん可愛過ぎぃぃぃぃ。ペロペロさせていただきたい」「生駒ちゃんの鼻血……興奮するなぁ」と、舞台衣装を身に纏った生駒への変態紳士からの称賛も聞かれる。

 ガチオタとして知られている生駒が、大好きなマンガに関わって興奮することは珍しくない。『週刊少年ジャンプ』や『最強ジャンプ』、『Vジャンプ』、『ジャンプスクエア』の4誌にまつわる謎や魅力を調査する番組『特捜警察ジャンポリス』(テレビ東京系)にも出演しており、データマンとしてガチオタぶりを発揮しつつ、時折感極まる場面を見せているのだ。

 昨年2月6日に放送された回では、様々な漫画のキャラに扮したコスプレイヤー達が登場。『テニスの王子様』のイケメントリオ、切原赤也、仁王雅治、丸井ブン太に扮したコスプレイヤーが出てくると、生駒は「やばいです、男性でここまで綺麗なコスプレ見たのが初めてなんで、めちゃくちゃ感動してます!」と声を震わせ、共演者のオリラジ・中田敦彦に「生駒ちゃん、これ感動して泣く素材じゃねえんだわ」と冷ややかにつっこまれるという1シーンも。

 また、『NARUTO -ナルト-』好きとしても知られており、週刊誌で“うずまきナルト”のコスプレを披露したり、バラエティ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した際は、『NARUTO -ナルト-』を読みながら涙を流し、地団太を踏んでいる様子が捉えられていたほどで、そのあまりのオタクぶりに共演者は引き気味だったようす。

 舞台版『こち亀』は、両津にラサール石井を起用し「両さんはやっぱラサールじゃなくちゃ」「原点回帰だ!」と原作ファンを喜ばせながら、生駒のような旬のタレントをキャスティングしたりして、方向性がどんどんわからなくなってはいるものの、鼻血を出すほどの『こち亀』好き生駒の熱演はぜひ見てみたいものだ。
(雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元は集英社)

乃木坂46・生駒里奈「鼻血でそう」舞台版『こち亀』出演決定で大興奮!!のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優NARUTOVジャンプこちら葛飾区亀有公園前派出所こち亀テニスの王子様乃木坂46生駒里奈週刊少年ジャンプの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…