1606_tokyosennkyo.jpg
「東京都選挙管理委員会」公式サイトより

 え、今から新たな「表現規制」を危惧しているのか?

 舛添要一氏の辞職に伴い参院選後の7月14日に告示されることが決まっている東京都知事選(31日投開票)。各政党は、後出しジャンケンをしようと動きを牽制し合っている。

 その最中、元都副知事の竹花豊・東京ビッグサイト社長が立候補を検討していることが報道され「表現規制」の問題に敏感な一部のオタクは、参院選そっちのけで恐怖を募らせている。

 竹花氏は、警察官僚出身。広島県警本部長などを歴任した後、2003年に当時の石原慎太郎都知事に招聘され、東京都副知事に就任した。この時の竹花氏の業績として知られるのが「歌舞伎町浄化作戦」である。これによって、歌舞伎町に軒を連ねていた店舗型の風俗店は、ほぼ消滅することとなった。

 さらに、「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の改定にも携わり、出版業界の自主規制である雑誌の小口シール止めが実施されるひとつの原因を生み出した。また、現在の東京都青少年・治安対策本部に警察官僚が出向する下地をつくったのも、竹花氏の業績といえる。

 加えて副知事を退任し、警察庁生活安全局長に就任した後の06年には、新たな「表現規制」の始まりと危惧された「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」の委員を務めたことでも知られる。

 こうした経歴ゆえに、多くのオタクから「規制派」の一人と見られていた竹花氏。とりわけ06年の「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」のときの騒動を記憶している人は、竹花氏の出馬の意向に強い危惧を抱いているようだ。

 この研究会は、最終報告書において同人誌についても触れ「業界団体の自主規制については、一定の効果が表れていると考えられるが、自主審査を経ずに制作・販売されているコミック等も多数存在するなど、限界が示されており、十分とはいえない状況にある」という指摘がなされた。

 これらをもとに、ネットでは竹花氏が出馬、都知事に当選すれば同人誌も、コミックマーケットも危機を迎え、秋葉原は壊滅してしまう……といった危惧が流布されている。

傷つきやすいオタクが恐慌! 竹花豊・東京ビッグサイト社長が東京都知事選出馬の意向で……のページです。おたぽるは、アイドル&声優芸能コミケ同人誌東京都青少年の健全な育成に関する条例竹花豊舛添要一表現規制都知事選の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ