1605_yowapeda0610.jpg
ドラマ『弱虫ペダル』公式サイトより。

 先日紹介した、渡辺航の大人気マンガ『弱虫ペダル』(秋田書店)の実写ドラマ化(参考記事)。9日、注目の出演キャストが公式サイトにて発表された。

 今回発表されたのは、20人の出演陣。主人公・小野田坂道を演じるのは、舞台『弱虫ペダル』(以下、ペダステ)シリーズの7作目『弱虫ペダル IRREGULAR~2つの頂上~』から2作にわたり出演し、同じ役を務めた小越勇輝。そして、小野田と同じ総北高校(以下、総北)の同級生でチームメイトの今泉俊輔は、ミュージカル『テニスの王子様』(以下、テニミュ)の海堂薫やハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』の影山飛雄役を演じた木村達成、鳴子章吉には『ダイヤのA』で小湊春一役を演じた深澤大河に決定した。

 同じく総北の杉元照文役は平井浩基、ライバル校・箱根学園の泉田塔一郎役には青木空夢が新たに起用された。また、舞台版には登場しなかった総北高校自転車競技部の紅一点、マネージャーの寒咲幹役は、桜井美南が演じる。

 その他、金城真護役・郷本直也、田所迅役・友常勇気、手嶋純太役・鯨井康介、福富寿一役・滝川英治、荒北靖友役・鈴木拡樹、東堂尽八役・北村諒、新開隼人役・宮崎秋人、真波山岳役・植田圭輔、御堂筋翔役・村田充らは『ペダステ』シリーズから続投。ファンにとってはお馴染みの顔ぶれが揃った。

 実写化発表時には否定的なコメントが目立っていたが、舞台キャストが多数出演するだけに、ネット上では「ほぼ同じキャストで一安心」「スカパーってどうやって契約すればいいの!?」と、一転して期待が高まっている様子。また、初演で巻島裕介役として出演以降、同シリーズには出演のなかった馬場良馬が、舞台と同じ役で帰ってくるというだけあって、「もう一回馬場巻ちゃんがみれるのね!!」「ばばりょ巻ちゃん復活うれしい( ̄▽ ̄)」と、喜びの声も上がっているようだ。

 一方で、12年の『ペダステ』初演からから鳴子章吉を演じてきた鳥越裕貴や、これまで6作出演してきた今泉俊輔役の太田基裕、泉田塔一郎役の河原田巧也が出演しないことには、「舞台キャスト使うなら全員使って欲しかったな」と嘆く声や、「ペダステ卒業しちゃうのかな……」と、『ペダステ』シリーズからの卒業を危惧する声も……。

 なお、同ドラマでは、現在エキストラを募集しているとのこと。募集サイトをみると、6月11・13・15・18日の計4日間で人員を募集している。15日には「主要キャスト勢ぞろい!!貴重なシーンに皆さんも総北の制服を着て出演しませんか?? 男性急募!!」と、上記キャストとの共演を匂わせる煽り文句とともに、参加条件などの詳細が記されている。

 これには、「めっちゃ行きたいwww」「ペダル世界のモブになれる可能性が微レ存ってことやべーな」と、憧れのキャラクターや俳優との共演に興味を示すファンも多数いるようだが、一方で、「予算無いのかなぁ……」「舞台よりクオリティ下がないよね?」と不安をこぼすファンもいる。

「過去に『テニスの王子様』の実写化映画があり、『テニミュ』からの出演者も多く、期待もされていました。でも実際は、舞台版とビジュアルが違っていたり、原作の設定を無視したオリジナル要素が多くて、映画を見たファンの評価は酷評ばかりでした。今では黒歴史化されています。今回の実写ドラマも、舞台キャストの出演は嬉しいですが、作品自体の“クオリティ”がどうなるか、まだ不安要素はなくなりません……」(2.5次元舞台ファン)

 ファンの期待も高まっているだけに、この『弱虫ペダル』実写ドラマも“黒歴史”とならないといいのだが……。続報を待ちたい。

『弱虫ペダル』実写ドラマ、舞台キャスト大量起用でファン歓喜! 一方で「舞台のクオリティ保てる?」と不安の声も……のページです。おたぽるは、その他マンガ&ラノベ出版業界事情演劇2.5次元テニスの王子様テニミュペダステ実写ドラマ化小越勇輝弱虫ペダル木村達成深澤大河渡辺航の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ