1605_wawawa.jpg
『ワンダリングワンダーワールド』(角川書店)

 日本だけでなく、世界中で人気のあるテーマパーク。そこは夢の国であり、現実を離れて楽園に迷い込める不思議な空間だ。しかしもしそこが、“何か”を封印するためのものだったならどうだろう──? 『ワンダリングワンダーワールド』(作:PEACH-PIT/角川書店/以下『ワワワ』)の物語はそんなところから始まる。日本最大のテーマパーク「ワワワ」は、国内でも大人気の夢と不思議の王国。修学旅行のハイライトとして「ワワワ」を訪れた草壁鉄心(くさかべ・てっしん)は、とある事件をきっかけに予想だにしない現実に巻き込まれていく。

 大雑把に言うと、「ワワワ」は陰の気の塊である「陰鬼(いんき)」を封じるために作られた「鬼輪(おにわ)」という結界である。海上の人工島に建てられたパーク内は、それぞれ世界観の違う4つのエリアで構成されていて、アトラクションはもちろんのこと、キャストたちによるショーやパフォーマンスも大人気。しかしそれは仮の姿であり、実際にはゲスト(客)たちの「陽気」を巡らせることで20年間鬼輪を順調にまわしてきたのだった。しかし3年前のとある出来事により輪にほころびができてしまい、“こちら側”に出てくる陰鬼が少しずつ増え始めてきたという。

 そこで鉄心。彼は大の掃除好きで、「ワワワ」に来て一番感激したのも掃除係の見事な仕事ぶりという、もはやマニアの域。ここに来るまでは兄と2人で平和に暮らしていた鉄心だったが、ワワワの裏の顔を見てしまったからにはタダでは帰せないと言われてしまう。彼は陰鬼を引きつけやすい体質の人間で、超レア級の「ワンダー」と呼ばれる存在であるという。それゆえにパーク内で働く「オニワ番」になることを提案される。一度は断った鉄心だったが、どうしても心の中にもやもやしたものが残っていた。「使命と覚悟のない者は、元の世界に帰ったらいい」と言われ、少しガッカリした自分がいるのは何故だろう……?

 やがて「ワワワ」で働くことを決意する鉄心。昼は清掃員、夜は「オニワ番」の囮として働く彼だったが、同じチームの伊吹はまだ鉄心を認めてはいない。鬼の子なのに何故かオニワ番をやっているサイは、ワンダーであるという鉄心に何か不思議な違和感を感じているが、それが何なのかははっきりしないまま、夜の「ワワワ」に大ピンチが訪れる。キャストのチーム、一重・二花・三葉たちと連携して巨大鬼を倒すが、その主に操られたサイは暴走し、鉄心の心臓を貫き食ってしまった。どうやらサイは3年前の事件に関係があるようだが──?

大人気テーマパークの裏の顔は“陰鬼”を封じるための結界―!? PEACH-PIT初の少年漫画誌連載『ワンダリングワンダーワールド』レビューのページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ作品レビューPEACH-PITテーマパークワンダリングワンダーワールド桜木尚矢マンガレビュー退魔の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ