1605hagaren31.jpg
映画鋼の錬金術師公式サイトより。

 24日、荒川弘の人気コミック『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)の実写映画化(2017年冬公開)が正式に発表されたのだが、今もなお「絶対に失敗作で終わる」「なんで今さら」といった批判の声が多数上がっている。『進撃の巨人』に『テラフォーマーズ』と、近年実写化された“ダークファンタジー”原作ものはことごとく爆死していることから、実写版『鋼の錬金術師』についても不安の声は多い。

『ハガレン』と呼び親しまれている『鋼の錬金術師』。単行本の累計発行部数は6,100万部を超え、これまでに2度アニメ化された人気作だ。日本だけでなく、海外からの人気も高い。そんな本作の実写版のメガホンを取るのは、松本大洋の同名マンガ(小学館)が原作の映画『ピンポン』の監督で知られる曽利文彦。すでにメインキャラクターの配役も発表されており、主人公のエドワード・エルリック役に山田涼介(Hey! Say! JUMP)、ウィンリィ・ロックベル役に本田翼、ロイ・マスタング大佐役にディーン・フジオカといったキャストが明らかとなっている。

 現在において、マンガやアニメの実写化は決して珍しいものではない。現在放送中のドラマ、公開中の劇場映画を見ても、実写化作品は必ずあると言っていい。中にはヒットする作品もあるものの、「人気マンガの実写化!」というニュースがあると、賛否両論を呼ぶのが常である。また、原作が超人気作だったり、映像での再現が難しい作品の実写化、ほか外国人キャラクターを日本人キャストにする、原作とは違う設定やストーリーを展開したりすると、非難の声はより一層強くなる傾向にある。『進撃の巨人』『テラフォーマーズ』がその道を歩んできた。

 その中での『鋼の錬金術師』実写化発表で、改めて「もう実写化はやめてほしい」「何でも実写化するな」と実写化作品の是非を問う声が上がっている状態。ダウンタウンの松本人志も「人気マンガを実写化するのは賛成じゃない」と声を上げる人物のひとりだ。

「29日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)が『鋼の錬金術師』実写化の話題に触れた際、松本はアニメやマンガの実写化について『面白くない』と一刀両断していました。ハリウッド版『ドラゴンボール』を引き合いに、『コスプレパーティみたい』とまで言っていましたね。映画監督も務めるだけあって、“実写化作品”についてはいろいろ思うことがあるようで、『実写化してよかった、価値があったと思う作品はない』『マンガならマンガで成功しているのにそれを実写にする意味が分からない』と、実写化を完全に否定する発言もしていました」(芸能ライター)

 これらの松本の発言について、ネット上でも「すごい正論」「本当その通り」と同感の声が多く上がっている。なお、『ワイドナショー』では実写化作品は一定層の動員が見込めるとしており、これを受け松本も「(実写化は)なくならないでしょうね」とも語っている。

 批判の声だらけの『鋼の錬金術師』、『進撃の巨人』『テラフォーマーズ』に続く“爆死映画”にならないといいのだが……。

松本人志も「実写化は賛成じゃない」…実写映画『鋼の錬金術師』は『進撃』『テラフォ』に続く爆死映画になってしまうのか!?のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画テラフォーマーズ進撃の巨人鋼の錬金術師の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ