1605_kyouani.jpg
「京都アニメーション」公式サイトより。

『けいおん!』シリーズや『響け! ユーフォニアム』シリーズなどで知られるアニメ制作スタジオ・京都アニメーション(以下、「京アニ」)が、同社が主催する「京都アニメーション大賞」で、2014年に大賞を獲得した小説『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』(作:暁佳奈)のアニメ化企画進行中であることを発表、同時に公式サイトでPVも公開した。

 圧巻的な作画、細緻で雰囲気ある美術や小道具、そしてぬるぬるよく動く動画は「ただただ綺麗だな、このPV…」「これはすげええ!」とアニメファンから絶賛されているが、「京アニ、ようやく本気を出してきたな」「スタジオとして、総力結集!ていう感じが出てる」といった声も上がっているようだ。

「京都アニメーション大賞」は2009年10月に発足し、これまでに全7回が開催された。基本的には小説、マンガ、シナリオの3部門(シナリオは一時廃止されたことも)の作品を募集し、各部門ごとに大賞と奨励賞を定めていく。

 第1回小説部門の『中二病でも恋がしたい!』(作:虎虎)、第2回小説部門『境界の彼方』(作:鳥居なごむ)、『ハイ☆スピード!』(作:おおじこうじ/TVアニメは『Free!』として放送)、そして第4回小説部門『ファントム・ワールド』(作:秦野宗一郎/TVアニメは『無彩限のファントム・ワールド』と改題)という、奨励賞を受賞した4作品が京アニによってアニメ化されている。人気、実力ともに定評がある京アニによるアニメ化は、ライトノベル作家志望者にとっては大きな魅力であることは間違いない。

 だが「京都アニメーション大賞」は、第3回(12年)、第6回(15年)、そして5月18日に選考結果を発表した直近の第7回は“全部門該当作なし”と、えらく辛口な賞としても知られる。7回も開催してきて、大賞を受賞したのは全部門を通して今回話題となった『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』だけ。

 しかも、小説部門の受賞作の一部は、京アニが発行するライトノベルレーベル「KAエスマ文庫」から発行されているが、それも受賞作の全てが出版してもらえるわけではない。加えてKAエスマ文庫作品は、全国の書店に流通するわけではなく、京アニ作品のグッズを扱う直営店「京アニショップ!」の店舗およびオンラインストアや一部の京アニグッズ取扱店、アニメイトや文教堂などの一部書店でのみ購入可能と、ほかラノベの新人賞に比べると、審査が辛いわりにリターンはややショボいといえるかもしれない。

唯一の大賞作品がついにアニメ化へ!『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』で京アニの本気と総力がついに見られる!?のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情Free!ヴァイオレット・エヴァーガーデン中二病でも恋がしたい!京アニ京都アニメーション京都アニメーション大賞境界の彼方無彩限のファントム・ワールドの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!new
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?