5月26日、広島市政記者クラブにて「第16回広島国際アニメーションフェスティバル」のノミネート作品が発表された。今回の応募作品は78の国および地域から2,248作品がエントリー、前回(2014年)の2,217作品を上回り最多記録を更新した。

1605_hiro16nomi1.jpg
前回(2014年)の会場正面

 1985年から始まった広島国際アニメーションフェスティバルは、フランスのアヌシー、クロアチアのザグレブ、カナダのオタワとならぶ、世界4大アニメーションフェスティバルの一つ。ならびに日本初のアカデミー賞公認映画祭としても知られ、コンペティションでグランプリを受賞した作品は、アカデミー賞のノミネート候補として勘案されることになる。

1605_hiro16nomi2.jpg
前回(2014年)来場の水江未来監督

 当フェスティバルにおいて、ノミネート作品から各賞を決定するコンペティション部門は、短編のみを対象としているのが特徴だ。また、応募作品数の多さは、当フェスティバルが隔年開催であることも作用している。デジタル化により制作環境を整えやすくなった背景から、隔年で開催・2年期限で作品を募集していた他国のフェスなどでは、通年に切り替える事例が増えてきた。今回の審査期間は5月9日から25日までと通常通りだが、応募総数が2,000作品を超えた辺りから、選考委員の体力面などを心配する声も囁かれている。

 気になるノミネート作品は60作品。そのうち日本からは8作品が選ばれた。前回は開催国にも関わらず、異例の“ノミネート無し”となり衝撃が走っていただけに、今回は安心だろう。日本で開催しているとはいえ、世界中の作品と競っているのだと、改めて意識させられる。

1605_hiro16nomi3.jpg
前回(2014年)来場の山村浩二監督

「第16回広島国際アニメーションフェスティバル」は8月18日から22日にかけて開催される。日本からの作品は18日に『AGE OF OBSCURE』(水江未来 /小野ハナ)と『サティの「パラード」』(山村浩二)、19日にスペインとの共同制作『ANOTHER MEMORY』(フラン・ブラヴォ)、『FEED』(岡崎恵理)、20日に『The Eye of the Storm』(平岡政展)と『MASTER BLASTER』(冠木佐和子)、21日に『ナポリタンの夜』(坂元友介)と『幕』(水尻自子)という上映予定となっている。受賞する作品が出てくることを期待したい。
(取材・文/真狩祐志)

■第16回広島国際アニメーションフェスティバル
http://hiroanim.org/

今回の日本作品は8作品! 第16回広島国際アニメーションフェスティバルのノミネート作品が発表のページです。おたぽるは、アニメイベント情報・レポ冠木佐和子坂元友介山村浩二岡崎恵理平岡政展広島国際アニメーションフェスティバル水尻自子水江未来の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…