1605_kyokou01.jpg
コミック『虚構推理』(講談社)第1巻。

 2年前、良家のお嬢様・岩永琴子が恋をしたのは、当時20歳で彼女付きの桜川九郎だった。17歳になった琴子は、九郎が恋人の弓原紗季と別れたことを知り、「結婚を前提に付き合って欲しい」と言う。そんな恋愛もののようなオープニングの『虚構推理』(原作:城平京・漫画:片瀬茶柴/講談社)だが、実は怪異バトルあり、伝奇ありのミステリ作品なのだ。

 九郎から彼女と別れた理由を聞いた琴子は、その説明に矛盾を感じ、彼を追求する。すると、やはり九郎は怪異にさえ恐れられる男だったのだ。そして琴子はと言えば、怪異たちの「知恵の神」になるために一眼一足になった、義足義眼の持ち主だった。11歳の時に怪異にさらわれ、誘拐事件の果てに神と崇められるようになった琴子のまわりには、化け狸や落ち武者の亡霊などが普通に存在している。それに対して、九郎が怪異にすら恐れられる存在になったのは、彼が11歳の時に妖怪変化を2種類ばかり、たらふく食べたからだと言う──!?

 指が取れてもやけどを負っても、傷跡一つ残らない肉体の持ち主の九郎。それはかつて食べた人魚の肉のせいらしい。嫌々ながらも琴子を見捨てられない九郎は事件に巻き込まれ、図書館に巣食った悪しきものを退治するハメになる。九郎の姿を見せるだけで怪異は恐れをなして逃げ出すのではという琴子の思惑が外れ、肉弾戦を余儀なくされるが、九郎は自分の腕を怪異に差し出すことで危機を切り抜ける。彼の肉は怪異にとって害になるらしい。食われた腕も程なく再生したのを見て、さすがの琴子も驚いてしまう。人でありながら妖怪変化と混じった九郎を恐れない怪異など滅多にいないと彼女は言い、やがて2人が良い関係性を気付くことになって2年半が過ぎるが……。

 九郎の元恋人の紗季は、警察官になっていた。交通課の巡査である紗季は、容姿端麗で仕事もできる。そんな彼女に消極的なモーションをかけているのは、先輩の寺田だ。「鋼人七瀬」という都市伝説がまことしやかに流れているが、さすがに警察官たるもの、そんな茶番を本気にはしていられない。しかし寺田はその疑いを捨てきれず、紗季にだけ本音を打ち明ける。そして紗季も思わず九郎と別れた理由を思い出し、怪異の存在を甘く見ないようにと寺田に注意を促す。誰よりも怪異を知っているのは、九郎と付き合っていた紗季だったからこそ。

 怪異「鋼人七瀬」は、七瀬かりんというアイドルの亡霊だと言われている。鋼鉄で顔を潰されて死んだ彼女が、顔のない亡霊となって現れると中高生の間で話題らしい。琴子と九郎の住む町からは遠く離れているところで起きた事件であるのに、琴子は「鋼人七瀬」を追ってやって来た。そして偶然彼女は紗季を助けることになる。「警察沙汰にはしないように」と釘を刺したが、警察官である紗季は琴子をひとまず自宅へと連れ帰って話を聞く。まだ九郎に未練がある紗季だったが、琴子が九郎の性質を知った上で付き合っていることに少し衝撃を受ける。しかし肝心の九郎は現在行方不明なのだった。

最強タッグが送る怪異と恋愛が交錯する伝奇ミステリ!『虚構推理』レビューのページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ作品レビュー伝奇城平京桜木尚矢片瀬茶柴虚構推理の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ