1605_tomita.jpg
冨田真由さんのTwitter(@tomitamayu)より。

 東京・小金井市で21日、女優でシンガーソングライターの冨田真由さんが男性に複数回刃物で刺され、意識不明の重体となる事件が発生した。冨田さんはかつて「シークレットガールズ」というアイドルグループで活動していたことから、この事件は連日「アイドル刺傷事件」と報じられており、それを受けてか、アイドルやアニソン歌手、声優イベントの握手会やお渡し会が次々と中止になっている。

 事件の翌日にZepp DiverCity Tokyoで行われたライブイベント「@JAM2016」では、アニメ『おそ松さん』の主題歌で人気を博すアニメ好きアイドル「A応P」のお渡し会、アニソン歌手「Ray」の握手会が中止に。同日には、アイドルグループ・Doll☆Elementsも大宮アルシェで予定していたインストアイベント及び特典会の中止を発表した。

 ほかにも、秋葉原の常設劇場で活動する地下アイドル・仮面女子が公式Twitter上で「当面の間、入場時に手荷物検査」をすると発表したり、23日には、今月28日開催のアニメ『くまみこ』のイベント内で行われる声優・日岡なつみのお渡し会も中止に。アイドル会だけでなくアニメ界にも事件の余波が広がっている。

「渡したプレゼントを送り返され、憤慨した」「Twitterをブロックされた」……と供述するのは、逮捕された岩埼友宏容疑者。冨田さんに執拗な書き込みをし続ける岩埼容疑者のSNSも見つかっている。冨田さんのファンだったはずの男性の凶行は、アイドルやアーティストを守る立場にある事務所や運営にとって簡単に見過ごせるものではないだろう。実際、ネット上には「模倣犯が出てくるのでは」と危惧する声が上がっている。

 だが一方で、この事件を「アイドル刺傷事件」と報じるメディアを中心に“アイドルオタク”に対する偏見報道が広がっていると話題だ。

「報道では『アイドル』となっている冨田さんですが、現在は『シンガーソングライター』として活動していました。しかし、マスコミは彼女の“アイドル”という過去の経歴を押し出してこの事件をアイドルオタクの凶行と報道し、SNSといったネット上だけでなく握手会で交流できることを引き合いに“アイドルとファンの近すぎる距離感”についても是非を問うている。『直撃LIVE!グッディ』(フジテレビ)においては、なぜかとあるアイドルグループに『1000枚CDを買うと2人で1日デート』などというCD特典があることを紹介していました。これらの報道は、アイドルオタク側としては“犯罪予備軍”呼ばわりされている感じがして、見ていて気持ちいいものではないですね」(アイドルオタク)

 たしかに、アイドルとファンの距離が近くなったことで、アイドルに本気で恋するオタクを指す“ガチ恋”という言葉も生まれているが、アイドル界隈を知らない人にとって、今回の事件の報道は、アイドルオタクへの偏見を生むものとなってしまっているのではないだろうか。

アニメ界にも影響……冨田真由さん刺傷事件で広がる“アイドルオタク”への偏見報道のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優シークレットガールズ仮面女子冨田真由地下アイドルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…new
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?