1605_hagaren.jpg
『鋼の錬金術師』コミック表紙より。

 荒川弘の大ヒットマンガ『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)の実写映画化が決定した。主人公のエドワード・エルリック役(以下、「エド」)はHey! Say! JUMPの山田涼介が務め、2017年冬に全国公開される。

『鋼の錬金術師』はスクウェア・エニックスの「月刊少年ガンガン」にて、2001年8月号から2010年7月号までにかけて連載。コミックス全27巻で、累計発行部数7,000万部以上、さらに2度に渡ってTVアニメ化、劇場版アニメも2本が製作されたという超ヒット作だ。それを実写化するというのだから、もちろんネット上では多くのファンが怒り、あるいは嘆き悲しんでいる。発表からわずかの間に、驚くぐらいあちこちでニュースとなり、多くの声があがっているので、その中から代表的な声を拾ってみよう。

・ジャニーズ山田涼介への反発がすごいことに
「またジャニーズか…」「学芸会をまた見せられるのか」と、とにかく目立つ山田涼介起用への反発。一方で、エドは身長が低めで、「チビ」と呼ばれることを嫌うという設定もあるので、「チビなところは合っているからいいんじゃね?」と投げやりにフォローする人も。「『暗殺教室』もよかったし、超楽しみ!」と、コミック原作の実写映画『暗殺教室』がわりと好評だったことを引き合いに、やたらとポジティヴなファンの姿も散見された。

・見た目はいいんだけど、今から本田翼が心配の声
 エドワード・エルリックの幼馴染、技師でヒロインのウィンリィ・ロックベル役を演じる本田翼の棒演技を心配する声も、山田への反発と匹敵するぐらいに多い。「山田よりも本田翼の棒ぶりが心配」「見た目はいいんだけど」「原作が好きだというなら、辞退しろよ」といった声が多く上がっている。中には「ディーンvs本田、胸が熱くなるな」と、ロイ・マスタングを演じるディーン・フジオカとの“棒対決”を期待する声も。

・『進撃』『テラフォ』クラスの惨劇、再び!?
 エドの年齢設定を20歳前後に調整と、早くも原作設定を変更。さらに原作の雰囲気やキャラクターは欧州を思わせるものなのに、演じるのは日本人ばかりというあたりに、惨劇を招いた実写版映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』2部作や、現在絶賛大コケ中の『テラフォーマーズ』を連想するのか、「なぜ『進撃』や『テラフォ』から何も学ばないのか」「これは『進撃』を超えそう」と、悪い意味で大盛り上がり。報道にあった「イタリアでの1カ月弱に及ぶ大規模ロケを敢行するほか、一級品の美術やアクション、CG映像を創出するため、配給のワーナー・ブラザースが製作した邦画作品史上最大級の予算規模となる見込みだ」という意気揚々とした発表も、「海外ロケ、CG、邦画史上最大級。NGワードが3つも並んでるじゃん」「なんで、わざわざ死亡フラグを立てるのか」と、嘆きに拍車をかけているようだ。

「『進撃』を超えそう」…『ハガレン』実写化で当然吹き荒れる批判の声! 何がそんなに気に喰わないのか、ざっくりとまとめてみたのページです。おたぽるは、その他映画テラフォーマーズディーン・フジオカ及川光博大泉洋山田涼介本田翼荒川弘進撃の巨人鋼の錬金術師の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ