yuuki0524
優木まおみ公式インスタグラムより

 17日、タレントの優木まおみが自身のインスタグラムに「今年の夏用の部屋着」と、自撮りした部屋着姿を披露したのだが、ショートパンツからスラリと伸びる美脚に、「こんな美人の嫁が、こんなエロい格好して目の前をウロついてるなんて、旦那が羨ましい!」「大人の色気が放出されまくってる」などと、優木の旦那へのファンの嫉妬が爆発してしまったようだ。

「優木は、2002年に芸能界デビューして以来、キャスター業や女優業、歌手業と、マルチに才能を発揮し、グラビア活動では多くの男性を虜にしていました。特に、11年に発売された雑誌『an・an』(マガジンハウス)では大胆なセミ・ヌードにTバック姿を披露し、ファンを熱狂の渦に巻き込んでいました。それだけに、13年に美容師との結婚を発表した際には、ファンは落胆。『ママタレとして頑張って下さい』『さようなら』と、すっかりしょげ返ってしまったようです。また、同年9月に行われた、回転ずしチェーン・くら寿司の新商品発売記念イベントに優木が登場し、『新鮮な部分を保つように常々意識しています。例えば、下着姿をいかに見せないようにするか。お風呂上がりにTシャツを忘れた時も、しっかりタオルを巻いてきっちり隠してと徹底しています』と、新婚のアツアツさを保つための秘訣を語った際には、『でも、ベッドの中では裸を見せてるんでしょ?』『まおみちゃんと1つ屋根の下で暮らしている果報者がいるなんて、この世は不公平だ』などと、男性ファンからの嫉妬の声が殺到しただけでなく、『ノロケてんじゃねーよ!』『幸せアピールウザい!』などと、女性を敵に回すようになってしまったようです」(芸能関係者)

 東京学芸大学卒業という肩書きをもち、独身時代は“エロかしこい”というキャッチフレーズで活躍していた優木だけに、戦国時代ともいわれるママタレ枠でも、自分のポジションをすぐさま見つけ出し、活躍していけると思われていたのだが、どうやらそう上手くはいっていないようだ。

「優木は14年に長女を出産したのですが、新婚時代のノロケが尾を引いてしまったのか、やることなすこと、同性からの反感を買ってしまっているようで、普通ならば切って食べさせなければならないうどんを、そのままの長さで娘に食べさせたり、対象年齢の合わない遊具で遊ばせる姿をSNS上にアップしては、『うどん、喉に詰まっちゃうよ!』『危ないから、その遊具で遊ばせないで!』などと批判の声が殺到。かつて優木は、有吉弘行から、“62点”というあだ名を付けられ、『まおみちゃんはもっと高得点だよ!』『限りなく100点に近い』などと、ファンが大激怒したことがあるのですが、ネット上では『ママタレとしては、62点以下かもな』と揶揄されてしまっているようです。優木は、先月9日から、育児関連の情報番組『すくすく子育て』(NHK Eテレ)の新MCとしてレギュラー出演をしているのですが、同じく新MCに抜擢されたお笑いコンビ・アンガールズの山根良顕と共に、『何でこの2人を抜擢したの?』『完全に見る気なくした』などと、視聴者からの批判に晒されてしまっているようで、ママタレとしての先行きは真っ暗。そんな中でのショートパンツ姿披露には、『今さら、エロかしこいに原点回帰?』『需要なし!』などと、ママ層の怒りに、さらに火を注ぐ結果となってしまったようです」(同)

『すくすく子育て』でかつてレギュラーを務めていた、お笑いコンビク・ワバタオハラのくわばたりえや、そのくわばたが産休に入ったときに代理でMCを務めていた藤本美貴やギャル曽根も批判に晒されていただけに、世のママ層のお眼鏡に適うママタレになるには、相当に高いハードルをクリアする必要があるようだ。

35 MAOMI STYLE #2

35 MAOMI STYLE #2

エロかしこい?ン?

優木まおみ、大人の色気をチラ見せで「旦那が羨ましい!」 ママタレ業不発、ママ層に嫌われまくりで“エロかしこい”に原点回帰?のページです。おたぽるは、アイドル&声優芸能インスタグラムママタレ優木まおみ美脚の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…