――発行部数約230万部(一般社団法人 日本雑誌協会発表)を誇る最強の少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)。そんな「ジャンプ」の最新情報をさまざまな角度からレビュー!

1605jump23.jpg
週刊少年ジャンプ公式サイトより。

 5月23日発売の「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)2016年25号。表紙と巻頭カラーを飾るのは、現在TVアニメが放送中の『僕のヒーローアカデミア』。アニメはMBS・TBS系で日曜夕方5時からと通称“日5”枠で放送されているのだが、現在ネットでは「視聴率の低さ」が指摘されてしまっている模様。アニメ視聴者からの評判は悪くないだけに、ここからの伸びを期待したいところ。

 今週の掲載順位は『僕のヒーローアカデミア』『ONE PIECE』『食戟のソーマ』『ブラッククローバー』『鬼滅の刀』……と続く。連載開始直後はイマイチな順位にとどまっていた『鬼滅の刀』が第14話目にして上がってきた印象。その一方で巻末掲載の『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』を除いた最後尾は『ニセコイ』。その上が先週センターカラーの『ものの歩』となった。

 今号注目したいのは、『HUNTER×HUNTER』連載再開時から続く冨樫義博の“腰痛コメント”がおなじみとなった目次の作者コメント。5週目に突入した今号は、「診察の結果、手術は回避。重症の人の辛さを察してあり余る。」と、ちょっと安心できる内容。マンガ家の腰痛といえば、『ハイスクール!奇面組』の新沢基栄も長年腰痛に悩まされ、結果「ジャンプ」での『奇面組』は腰痛が原因で終了となった。新沢も何度か腰痛をぶり返しているだけに、冨樫樫も腰に気をつけながら連載を続けてほしいものだ。

 だが、今号の作者コメントは富樫だけでなく、『たくあんとバツの日常閻魔帳』井谷賢太郎の「この話を描いてる一週間ずっと腹壊してました。こんな話描いた呪いかな」というコメントをはじめ、「足こねた。足こねたので腫れた。腫れるので足上げて原稿」(尾田栄一郎)、「世間がGWではしゃいでる時に風邪に苦しみながら描きました」(沼駿)、「舌の先端に口内炎が出来て痛いし、滑舌が悪くなって困る!」(麻生周一)と、なぜか体調不良に関するコメントが目立つ事態に。

 さらには、『テニスの王子様』で知られ、現在「ジャンプSQ.」で続編の『新テニスの王子様』を連載中の許斐剛も自身のTwitterで腰痛が再発したとのツイート。「立てない、座れない(>_<*)」状態で、「根性で原稿3枚だけ進められました」というが、許斐はマンガ執筆だけでなく歌手活動もしている身だけに心配だ。

 ちなみに、風邪に苦しみながら描いたという沼駿の『左門くんはサモナー』では、“ゲロキャラ”で実はテニス部のエースだという下呂くんと、純粋でなんでも吸収してしまう加護ちゃんが『テニスの王子様』パロディを展開。「ゲロ式ドロップ」や「お前は算文の柱になれ」と『テニプリ』で聞いたような言葉が続くので必見だ。
(雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元は集英社)

冨樫義博に続き許斐剛も腰痛に…… 尾田栄一郎も「足こねた」!? なぜか作家陣の体調不良が目立つ「ジャンプ」のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画ジャンプ冨樫義博尾田栄一郎許斐剛週刊少年ジャンプの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ