4月29日、4月30日の2日間で15万人以上の来場者を動員した、「ニコニコ超会議2016」(以下、ニコ超)。今年も個性豊かなブースが並び、幕張メッセを盛り上げた。その中から、特に注目したブースを紹介する。(※5月9日追加)

■刀匠の鍛錬に日本語のルーツをみた!

1605_niconico_01.jpg

 昨今の刀剣女子の急増に乗っかった感のあった「超刀剣」。しかし、700年あまりの歴史をもつ刀匠たちの技はすごかった! 火おこしセレモニーでは、短刀を槌で叩き、その熱から火を取る様子が披露され、火がついたときには、「おっ」という歓声が上がった。そして、鍛錬に入ると面白い光景が。刀匠たちが、手にした槌でトントンと地面を叩いている。なんでも、刀匠たちは鍛錬の間は話さないそうで、“合図の槌を打つ”そうだ。これが、「相づちを打つ」の語源だという。伝統の技で、ひとつ勉強になった。

■“ラスボス”が始球式で見せた豪速球

1605_niconico_02.jpg

 今年の「ニコ超」の目玉のひとつは、29日にQVCマリンフィールドで行われた「超野球」だろう。初開催とあって、その始球式には“ラスボス”こと小林幸子が「千本桜」の楽曲に合わせ、“勝利の女神”形態で登場した。ギリシャ神話のニーケーを彷彿とさせる翼が備え付けられた特製オープンカーから、マウンドへ降り立った小林幸子。そして、「準備をお願いします」の場内アナウンスに持ち込まれたのは、なんとバズーカー! カウントダウンに合わせて発射された球の速さは「999キロ」にも上った。これには、キャッチャーを務めた元プロ野球投手・里崎智也や、その後ろにいた千葉ロッテマリーンズのキャラクターたちも吹き飛ばされる勢い。「超始球式」にふさわしいラスボスのプレイだった。

■シン・ゴジラの魅力が分かる角度とは?

1605_niconico_04.jpg

 筆者が個人的に楽しみにしていたのが、「特撮体験スタジオ~帰ってきた特撮博物館~」。目的は、7月29日公開の映画『シン・ゴジラ』に登場する、シン・ゴジラの雛型だ。今回が世界初披露となる。ブースの担当者に、今までのゴジラとどう違うのか、その印象の違いについて教えてもらった(公式見解ではなく、あくまでもブース担当者の私見です)。「まず、しっぽがデカイ! 昔は、人間がゴジラの中に入って、しっぽは別の人がワイヤーで吊って操作していたのですが、それだと操作できないくらいです。つまり、今回は、オールCGなので、自由度が増したのではないかと思います。そういう意味では、手が小さかったり、足が鳥みたいに屈曲している間接になっていたりするのも、中に人が入って操る制約が外れたからこそ。より怪獣っぽくなった気がしますね」とのこと。

 だから、雛型は正面からではなく、後ろから撮影した方が今回のシン・ゴジラらしさが見られるという。もちろん、顔つきも、目が小さく、キノコ雲を彷彿とさせるもこもこ感があり、最初のゴジラに似ている印象があるそう。昭和ゴジラが好きな筆者としては、シン・ゴジラが動く公開日が待ち遠しい限りだ。

AV女優も出展!選挙カー対決から“う◯こ”まで!? 今年もカオスだった「ニコニコ超会議」に行ってきたのページです。おたぽるは、アニメイベント情報・レポシン・ゴジラニコニコニコニコ超会議メイド刀剣女子小林幸子峰岸ふじこ日本共産党痛ドル自民党逆境無頼カイジの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ