fukenzen0427
arca comics編集部のTwitterアカウントより

 昨今、東京都の不健全図書指定の定番となっているボーイズラブ(BL)。その締め付けが一段と厳しくなりそうな事態が起こっている。不健全図書指定をまったく無視する出版社が登場したのだ。

 その出版社は、3月にイイモ作の『イノセント』が不健全図書指定されたジュリアンパブリッシング。この単行本は3月14日に開催された東京都青少年健全育成審議会で不健全図書指定が決定。3月18日付で告示が行われている。

 ところが、同社が運営する「arca comics編集部」のTwitterアカウントでは、3月30日に都内の某書店で、『イノセント』が別の単行本と共に陳列されている状況を写真入りでツイート。まったく区分陳列が行われていない様子を、自ら明らかにしたのである。

 これまでも、不健全図書指定された単行本が、区分陳列されることなく売られていることは、しばしばあった。とはいえ、ここまで堂々としているのは、前代未聞。ちょうど3月といえば東京都の青少年・治安対策本部のサイトが大改装されていた時期。異動も重なったりして、通例、出版社と書店に行う通知が遅れたのではあるまいか。そう思って、まずは東京都青少年課に確認を。

 話を聞いたのは、4月から東京都青少年課に配属された重成浩司課長。さっそく確認を取る旨を述べた重成課長からは、すぐに折り返しがあり「通知は通常通り行われています」という。

 ならば、考えられるのは書店・出版社のいずれもが郵送される通知を見ていないか、意図的に無視しているかのどちらかだろう。これは、両者に取材をしてみなければならないと思ったが、ここで新たな動きが。合間に別件で出版関係者と話をしていたところ、この話題になったのだが……。

「いやいや、あの書店。コンプライアンス厳しいから、担当者がクビになっちゃう。伝えておくから」

 とのこと。すぐに伝えるというので、どうなったかと、その日の夕方に件の書店に行ってみたら棚からごっそりと撤去された痕跡が。

 そこで、カウンターにいき「この本、探してるんですけど」と聞いてみたところ、パソコンをはじいた後に必死に「あれ、在庫があるはずなんですが」と一生懸命探し始めるではないか。客としては非常にありがたい書店だが、少しずつ罪悪感が……。そこで「あの、不健全図書指定されてんじゃ~」といったところ「ああ、ならカウンターにあります!」と。

 と、そこまではよかったのだが「さっき下げたんですよ!」と余計な一言を。さらにお金を払っている間に追加で2回「さっき下げたんですよ」と言われたのである。

【今月の不健全図書レビュー】番外編:不健全図書指定を完全無視する出版社・ジュリアンパブリッシングの意図のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ作品レビューBLtwitter不健全図書の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
グラドル川崎あやが朝から悩殺ポーズ!午前中から脳ではなく別のところが覚醒しちゃうよ…new
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?