puffrwgfuvaf.jpg
PUFFY

 4月15日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にPUFFYが出演した。今年はデビュー20周年にあたり「アジアの純真」や「愛のしるし」といったヒット曲メドレーを披露した。

 驚きなのはその容姿だろう。黄色いワークシャツスタイルに茶髪という、40代とは思えない奇抜なルックスだ。されど、ただのヤンキーおばさんや、イタいサブカル系不思議ちゃんに成り下がっていない。このところアイドルや女優の劣化が叫ばれて久しいが、PUFFYはほぼ劣化なしといえる。これはなぜだろうか。

「まずPUFFYはコンスタントに活動を続けているミュージシャンです。新作も毎年のようにリリースしていますし、国内外のロックフェスにも多く出演しています。劣化を指摘されるきっかけは、久しぶりにテレビに出た場合ですよね。彼女たちは常に露出を続けているので、それが当てはまらないと言えます」(音楽ライター)

 もともと、PUFFYは“ユルさ”を売りにした音楽デュオだった。特定の世代に愛されるアイドル的な人気というよりは、老若男女に愛されるキャラクターであった。

「若いころから親しみやすい近所のお姉さんキャラでしたし、人気の乱高下もない。マイペースに売れ続けているため『劣化した』『消えた』とネガティブな言葉を向けられることもありません。同様のコンセプトで売りだしたHALCALIは先に消えてしまいましたし、PUFFYの“ユルさ”は真似できそうでできない存在と言えるでしょう」(同)

 PUFFYは日本国内だけでなく海外での知名度も高い。嶺川貴子、カヒミ・カリィからきゃりーぱみゅぱみゅまで連なる“カワイイ”カルチャーを象徴する存在でもある。「アジアの純真」をはじめ日本人なら誰もが知るヒット曲を持つ彼女たちは、世界のPUFFYにもなりつつあるのだ。
(文=平田宏利)

デビュー20周年、ともに40歳オーバー…PUFFYは、なぜ“劣化”しないのかのページです。おたぽるは、アイドル&声優芸能PUFFY劣化の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ