1604_tales.jpg
『テイルズ オブ ベルセリア』公式サイトより。

『テイルズ オブ』シリーズの新作『テイルズ オブ ベルセリア』(バンダイナムコエンターテインメント/以下、『ベルセリア』)が、2016年8月18日の発売を発表。シリーズファン待望の最新マザーシップタイトルで、シリーズ初の単独女性主人公であるベルベットを中心に、「感情と理」をテーマにした重厚な物語となるという。

 いのまたむつみ氏・藤島康介氏に加え、奥村大悟氏・岩本稔氏がデザインした魅力的なキャラクターに、豪華声優陣がキャラクターボイスを担当したことで物語はよりドラマチックに。また、新システムを搭載したことで、従来のアクション性の高いバトルは踏襲しつつ、より爽快で戦略性に富んだものとなっている。初めての人でも簡単操作でワンボタンで楽しめ、バトルが得意な人はバトルを優位に持ち込むための戦略を組んで楽しむことができる。

 ……と華々しく紹介したものの、一部のファンからは、「もう買わねえよ。前作酷すぎ」「信者もさすがに前作で学習してるやろ」「ゼスティリアで痛い目見たからなぁ」と、前作『テイルズ オブ ゼスティリア』(バンダイナムコエンターテインメント/以下、『ゼスティリア』)の影響で、『ベルセリア』に期待できないという声が上がっている。

 事の発端は、『ゼスティリア』発売前の事前情報でガッツリ前面に押し出されていたキャラ、アリーシャだ。アリーシャは発売前、主人公であるスレイと並んだピンナップが何枚も描き下ろされたり、PVキャスト欄ではアリーシャ役の名前がスレイ役に次ぐ2番目に位置していたりと、ヒロイン級の扱いを受けてきた。そんなことから『ゼスティリア』では、アリーシャがきっと重要なポジションを占めると多くの人が思ったはず。しかし実際はそんなことはなく、彼女はゲーム本編序盤の一件を解決した直後にパーティを離脱し、その後再会するまでは一切の描写がなされていないという有様。しかし、今までのテイルズでも途中での離脱などは実際あったのだが、『ゼスティリア』に限ってここまで大きな騒動に発展したのは、事前の宣伝内容・タイアップの仕方と実際のゲーム内容に差がありすぎたことが原因だったようだ。

 戦闘システムにおいても、ファンの期待を無駄に高めるような触れ込みがあった中、蓋を開けてみれば劣悪な操作性や、カメラワーク機能は壁際で戦闘しているとカメラが突然あらぬ方向を向いたりして「ちゃんとテストプレイもしてないのかよ!」「酷過ぎ、アプデで修正必要なレベルだろ」と批判殺到、ストーリー面は諦め戦闘を楽しもうとしていたユーザーすらも裏切る形となり、炎上に拍車がかかってしまった。

 だが、このような騒動があっても、Amazonの売れ筋ランキングなどを見ると、1位を獲得(4月15日現在)するなど、ファンの多くは、『テイルズ オブ ベルセリア』に、熱く期待をかけているようだ。そんなファンたちのためにも、新作では是非良い意味で期待を裏切って『テイルズ オブ』シリーズを、また愛されるタイトルとして復活させてほしい。

新作『テイルズ オブ ベルセリア』発売決定!! しかし前作アリーシャ騒動から続く批判の声も…のページです。おたぽるは、ゲーム据え置き機アリーシャ騒動テイルズ オブテイルズ オブ ベルセリアバンダイナムコゲームスの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ