mangawohamidashita01
このイケメンは一体誰? 答えは新人時代の赤塚不二夫。
「ときわ荘」の個性の強いメンバーの中で、その性格の良さは飛び抜けていた。

 ギャグ漫画は人気を極めれば極めるほどその寿命は短くなるが、赤塚不二夫作品の生命力の強さには驚嘆させられる。『もーれつア太郎』の脇役キャラだったニャロメは全共闘世代のシンボルとして人気を集め、『ひみつのアッコちゃん』は現在も続く“魔法少女”シリーズのルーツとなった。代表作『天才バカボン』がフロッグマンによってリメイクされた劇場アニメ『天才バカヴォン 蘇るフランダースの犬』(15)も記憶に新しい。さらに深夜アニメ『おそ松さん』(テレビ東京系)は社会現象と呼ばれるまでの大ヒットに。晩年の赤塚不二夫はアルコール依存症で入退院を繰り返したが、彼が生み出したキャラクターたちは今も元気に悪ふざけ三昧を繰り広げている。

 数々の大ヒット作を残した天才漫画家・赤塚不二夫の生涯を追ったドキュメンタリー映画が『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』だ。『乱暴と待機』(10)や『ローリング』(15)といったシニカルなコメディ映画で知られる冨永昌弘監督が、赤塚不二夫の72年間の足跡を貴重な映像資料、愛娘・赤塚りえさんや妹・梅原寿満子さんら肉親、歴代アシスタントらへのインタビューによって振り返っている。『おそ松さん』の藤田陽一監督も色褪せない赤塚作品の魅力について語っている。赤塚作品の最高傑作に推されることの多い『レッツラゴン』のキャラクターたちが赤塚の生涯を紹介するMCを務めるアニメーションドキュメンタリーとなっている点もユニーク。オープニングの3Dアニメ化された『ロボット版バカボン』から一気に、過激に継承されている赤塚ワールドに引き込まれていく。

これでいいのだ―赤塚不二夫自叙伝 (文春文庫)

これでいいのだ―赤塚不二夫自叙伝 (文春文庫)

本人もぶっ飛んでいたからこそ、今でも面白い作品が作れたんだろうなあ。

“おそ松”ロスな腐女子たちに捧ぐ!「ときわ荘」きっての美少年漫画家の生き様『マンガをはみだした男』のページです。おたぽるは、その他映画おそ松さんトラウママンガをはみだした男 赤塚不二夫ラーガ・バガヴァット長野辰次の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
二宮さくらがエッチなメイドさんに!?「上半身は何も着てなくて、おっぱいを隠すものが、そのサスペンダーだけ」new
朝倉恵梨奈が下半身スッポンポン?「下は何も着けていないので…」
火将ロシエルがうさぎのコスプレ姿でお出迎え!? ファン待望のコスプレ写真集発売記念お渡し会を開催
大澤玲美が入浴シーンとニットワンピで悩殺?「思いきって制服も着ました」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…