1604_eiga_23.jpg
映画『ちはやふる』公式サイトより。

 4月2日~4月3日分の週末映画興行成績(興行通信社)が発表されたので、今週もオタク目線でお届け。

 先週に引き続き1位を獲得したのは『暗殺教室 卒業編』。週末2日間で動員約33万5,000人、興行収入約3億9,000万と、変わらず好調を維持しV2を達成した。2位、3位もともに先週から変動はなく、2位に『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』、3位に『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』がランクインと、好調をキープしている。

 そんななか大きく変動を見せたのが『ちはやふる 上の句』。コミックス累計発行部数1,400万部を突破する大人気漫画の実写映画が、先週の7位からまさかの4位にジャンプアップを果たした。

 初週7位だけあって、公開当初は「やっぱり原作とはだいぶ雰囲気が違うな」「実写映画化は向いてないわ」「映画館来たけど空席率90パーセント以上なんだけど」「閑古鳥の声が聞こえてきそう」との声が上がり、観客のほとんどが「広瀬すずの可愛いお顔だけでもってる映画」「すずちゃんの浴衣姿だけを見に来た」「すずちゃんだけでいい」と主演の広瀬すず目当て。“爆死”と囁かれていたが、なんと今週は『仮面ライダー1号』『僕だけがいない街』『アーロと少年』を一挙に抜き去り、公開3週目にして最高順位の4位を獲得。

 この要因は、春休みを迎えた学生などの若い層の観客が増えたことに加え、出演陣によるPRキャンペーンイベントなど、多くのメディアで露出したためだと考えられている。累計興行収入は10億円目前に迫り、少なくとも“爆死”と言われるようなことは免れた格好。

 とはいえ、『ちはやふる 上の句』のジャンプアップで順位を下げた『アーロと少年』は5位、『仮面ライダー1号』は6位、『僕だけがいない街』は7位と、こちらも変わらず好調をキープしているようす。そして『映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』も、先週から変わらず8位。

 そして今週初登場、9位に輝いたのは『あやしい彼女』。73歳の毒舌おばあちゃんが若返り、大騒動を巻き起こす今作。女手一つで娘を育て上げ、自分の人生を謳歌できなかったおばあちゃん・瀬山カツが、20歳の姿に戻り、昔夢見ていた歌手を目指すというストーリーだ。20歳の姿を多部未華子、73歳のおばあちゃんを倍賞美津子が演じる。すでに観た観客からは「演技ももちろんだけど、歌の選曲がいい!」「昭和の名曲、懐かしいな~」「昔を思い出させる曲の数々が、聴いててとても癒される」と好評を博したものの、全国280スクリーンと大規模公開のわりには、動員4万7,824人、約興収6,000万と大コケしてしまった。コケた原因は、少し前まで放送していたドラマ『スミカスミレ』(テレビ朝日系)とストーリーもろ被りだったせいか?

 そして、10位は先週からワンランクダウンの『家族はつらいよ』という結果になった今週のランキング。注目されていた元AKB48・板野友美が主演を務めるホラー映画『のぞきめ』は13位発進。アイドルを卒業し、女優としても活躍する板野の演技にも注目していきたいところ。来週は『ちはやふる』に続いてトップテンへのジャンプアップを期待しよう。

「閑古鳥の声が聞こえてきそう」だったのに!? 爆死と思われた『ちはやふる 上の句』がまさかの急浮上!!【週末映画興行成績】のページです。おたぽるは、その他映画あやしい彼女ちはやふる広瀬すず暗殺教室週末映画興行成績の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ