3月22日、“世界中の人に紹介したい作品”を選出する「SUGOI JAPAN Award2016」で、ラノベ部門1位に輝いた『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(SBクリエイティブ GA文庫)。昨年にはアニメ化(TOKYO MXほか)されるなど話題&人気を集めた同作の著者である大森藤ノ氏に、受賞の感想やアニメ化された時のエピソードなどについて聞いた。

1604_oomori_01s.jpg
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(SBクリエイティブ GA文庫)

――「SUGOI JAPAN Award2016」受賞について、率直な感想を聞かせてください。

大森藤ノ(以下、大森) 最初は全然実感がなかったんですが、それこそ今日、この場(贈賞式の会場)に来て実感がわいてきて、今更ながら緊張してきています(笑)。それから、先ほど『ダンまち』に投票していただいた方のコメントを見て、とても温かい気持ちになりました。本当に今日この場所に来られて良かったと思っています。

――国民投票で作品が選ばれたということに関してはいかがですか?

大森 ほかの作品もすごく魅力的な作品ばかりの中で、僕の作品が選ばれたのは「本当?」「もっと面白い作品があるんじゃないだろうか」と思いつつも、すごく光栄に思っています。僕はTwitterやブログなどをやっていないので、あまり読者さんと交流する機会がないんですよね。でも、サイン会で韓国や台湾に行った時に、ファンの方があまり有名ではないキャラクターのことを「好きです」とおっしゃっていたのを聞いて「愛されてるな」と思いましたし、「メイン以外のキャラクターも気を抜いて書けないな」と思いました(笑)。

――今回、「SUGOI JAPAN Award2016」のラノベ部門で投票対象作品が23作品ありましたが、もし大森さんが投票するとしたらどの作品を選びますか。

大森 『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』(宇野朴人/KADOKAWA 電撃文庫)と『オーバーロード』(丸山くがね/KADOKAWA エンターブレイン)は以前から気になっていましたね。実は『オーバーロード』は、僕がウェブ時代に載せていたサイトが同じで、僕が連載していた時も『オーバーロード』は一番人気作品だったし、アニメもすごく面白いと思いました。それから、僕は以前から野村美月先生(今回、投票対象に選ばれた『下読み男子と投稿女子 −優しい空が見た、内気な海の話。』の著者)の作品がすごく好きで、本当につい最近ですが、初めてお会いすることができたのは、すごくうれしかったですね。野村先生といえば、文学少女シリーズ(KADOKAWA ファミ通文庫)も大好きで、僕の中でキャラクターの内面描写やモノローグの書き方に苦手意識があったんですが、そこは野村先生の作品ですごく勉強させていただきました。

“今のところは『ダンまち』1本で” 「SUGOI JAPAN Award2016」ラノベ部門1位『ダンまち』大森藤ノインタビューのページです。おたぽるは、catインタビューマンガ&ラノベライトノベルSUGOI JAPAN Awardインタビューダンまちダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか大森藤ノ電撃文庫の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…