1603_oisinbo111巻240pより.jpgコミック『美味しんぼ』第111巻240ページより。

「しかし、いくら何でも連載30年は長すぎだ。」
「今までの登場人物総出演で、美味しい食べ物の話でどんちゃんどんちゃん楽しく騒いで大団円。」

 福島第一原発を見学した主人公の“鼻血シーン”が物議をかもしてから約2年、休載が続いている『美味しんぼ』(小学館)。その原作者の雁屋哲氏が3月22日、作品完結を強く匂わせる記事を自身のブログに投稿(http://kariyatetsu.com/blog/1762.php)し、ネットで話題となった。 

 予想外の反響に驚いたのか、続く24日には「あくまでも再開したとした場合の私の希望でしかないことを改めて強調します。」「スピリッツ編集部とそのような話し合いはしたことはありません。」(http://kariyatetsu.com/blog/1765.php)と、仮定の話を書いたにすぎないことを明かした。

1604_oisinbo02.jpg3月24日の雁屋氏のブログより

 こうして完結宣言が幻に終わった『美味しんぼ』だが、連載スタートから33年を数えた今でもなお、ネットで注目を集める存在であることには驚かされる。その一方、コミックスは現時点で111冊の大ボリュームに達しており、「途中から読まなくなった」「そもそもネットの情報でしか知らない」という人も多いのではないだろうか。

 そこで今回は既刊コミックスを人力作業で調べあげ、“ネットユーザーが意外と知らない”、または“ネット情報のせいで誤解されている”『美味しんぼ』の豆知識をいくつかピックアップし、紹介したい。

完結宣言(仮)で話題の『美味しんぼ』――ネットで意外と知られていない“あんな話題”8選のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…