1603_below.jpg
『Below』公式サイトより。

 シンプルでありながらまさに“奥が深い”ダンジョン探索アクションゲーム『Below』がこの夏に発売される。


■小さなキャラクターのグラフィックが特徴

 冒剣活劇ADV『スキタイのムスメ:音響的冒剣劇』や、横スクロール型シューティングアクション『Super Time Force』で知られるカナダのインディーズデベロッパー、Capybara Gamesの新作が、この夏にリリースを控えているダンジョン探索アクションゲーム『Below』(PC版、Xbox One版)だ。3年前のイベント「E3 2013」のプレスカンファレンスで最初に発表された同タイトル、その後あまり続報がなかったのだが、いよいよこの夏に登場することになり、先頃最新のトレーラー動画も公開された。

『Below』最新トレーラー 「CapyGames」より

 現状では文字情報が少なく、ゲームの詳細はまだあまりよくわからないが、以前の発表から舞台となるダンジョンは、自動生成されるシステムであることがわかっている。そして動画で一目瞭然なのが、フィールド上のキャラクターのサイズの小ささ。情報サイト「The Verge」によれば、『Below』のグラフィックは、写真のピントをこく一部に合わせて周辺のボケ具合を強めた、いわゆる“チルトシフトレンズ効果”を効かせており、この小さなキャラクターと相まって独特のビジュアルを演出しているということだ。確かに動画を見ても、主人公の周辺はクッキリとした画質になっていて、周囲にいくにしたがってぼやけているのがわかる。

 剣を振って敵と戦い、発見したアイテムを活用し、謎を解きながら探索が繰り広げられるわけだが、ダンジョン探索ゲームの常として、死亡した場合はダンジョンの入り口から、やり直すことになるようだ。その場合も、マップは改めて自動生成されるため前回とは違ったものになるという。

 キャラクターが小さいので、ディスプレイの大きさなど動作環境を選びそうな内容だが、そのぶんダンジョンの広さが実感できて深く没入できるのではないだろうか。夏の発売まで、今後も少しずつ情報が伝えられてくると思うので続報を待ちたい。

新宿ダンジョン

新宿ダンジョン

一番身近なダンジョン、それは新宿。

この夏発売のダンジョン探索アクションゲーム『Below』をはじめ“地下ゲー”のリリースが相次ぐのページです。おたぽるは、その他メーカーゲームBelowDark Lord: The Duelダンジョンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ