3月19日、福岡市の天神イムズにて「第9回福岡ゲームコンテスト『GFF AWARD 2016』」が開催された。

1603_gffend161.jpg
GFF AWARD 2016@イムズホール

 福岡では2003年の「GAME FACTORY FUKUOKA」より、名称を変えつつ当イベントが開催されてきた。当サイトでは過去(14年)にもレポートしているが(記事参照)、昨年より07年から開始したコンテストをメインに据えた開催になっている。

 当日のゲストには、MCとして元HKT48の菅本裕子、審査員としてスクウェア・エニックスの齊藤陽介(エグゼクティブ・プロデューサー)が招かれた。なお審査員として参加していたソニー・コンピュータエンタテインメントの外山圭一郎(クリエイティブディレクター)は、ビデオメッセージが届けられた。
 
 コンテストの募集はゲームキャラクター部門とゲームソフト部門とがあり、ゲームソフト部門では、最終審査に残った5作品のプレゼンテーションも行われた。その結果、Project TAKTの『TAKTRHTHM』が大賞に選ばれた。ジャンルとしては音ゲーだが、指揮棒を振るうかのようなプレイスタイルが求められる。まさに“TAKT”だ。

1603_gffend162.jpg
レベルファイブの日野晃博よりProject TAKTが授与

 総括では審査員各氏から次回、節目となる第10回へ向けた希望が語られた。

九州大学・松隈浩之(大学院芸術工学研究院准教授)
 僕が若い人たちに期待したいのは、おっさんたちが作らないようなゲームを作ってほしいということ。実はゆうこす(菅本裕子)、すごくいいこと言ってたんですよ。「ゲームっておっさん達が作ってると思ってた」って。おっさんたちが作るようなゲームを作ってもおっさんたちには勝てない。だからこれは作れないよねっていうようなのをネットやらで、いろんな情報を探ってきて試して作るというのを、今後やっていってもらえるとドキドキし続けることができると思うので、お願いしたいです。

ガンバリオン・山倉千賀子(代表取締役社長)
 待ってます。手に汗を握るような作品を応募してきてください。毎回ホントに真剣に審査をしていますし、皆さんが作ってきた作品を丁寧に丁寧に見させていただいてます。熱いものだとか、荒削りなところとか、この作品を作ってきた皆さんが、これからどのような作品を作っていくんだろうと、将来のことも考えて楽しんで審査をさせていただいてます。応募作品を作る途中でも、色んな辛いこととか困難とかあると思います。それもひっくるめて全てゲーム開発です。苦しくて楽しい。作ってるのが楽しくて苦しい。でもその先にはお客さんの笑顔があります。次の第10回、挑戦者の方をお待ちしてますので宜しくお願いします。

【GFF AWARD 2016】大賞は音ゲー! 次回、第10回に向けてレベルファイブ・日野晃博「ここが福岡であることが大事」のページです。おたぽるは、その他メーカーゲームGFFProject TAKTTAKTRHTHMレベルファイブ日野晃博福岡ゲームコンテスト菅本裕子の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!new
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?