1603_toei.jpg
『東映』オフィシャルサイトより。

 東映アニメーションが2016年に創立60周年を迎えることを記念し、1980年代から1990年代の代表的な東映アニメーション作品を振り返った特集ムック『タイムスリップ! 東映アニメーション 80s~90s GIRLS』(以下『GIRLS』)と『ヒストリー 東映アニメーション 80s~90s BOYS』(以下『BOYS』/ともにメディアパル)を、今月19日に発売した。購入者と思しきアニメファンからは「この頃の作品は激熱が多いわ」「意外に資料が少ない作品が多いのでこれは良い」「コレは買っちゃう!」と、歓喜の声が上がっているようなので、簡単にその内容を紹介してみたい。

『GIRLS』では、『ひみつのアッコちゃん』『おジャ魔女どれみ』といった大人気作品を中心に取り上げ、作品データ、あらすじ、登場キャラクター紹介などが掲載されている。また、アニメ関連グッズの特集「なつかしおもちゃ」では、みんなが一度は見たり、遊んだりしたことのあるであろう、当時発売された大ヒット商品を紹介。「なつかしの魔女っ子アニメ」では、1970年の『魔法のマコちゃん』から続く、魔女っ子アニメの歴史を辿ることもできる。

 さらに同書の後半では『ママレード・ボーイ』『ご近所物語』『花より男子』の原作者・スタッフ対談など、このムックでしか読むことができない貴重な情報が盛り沢山。新世代の少女向け恋愛アニメ『ママレード・ボーイ』は、『セーラームーン』を卒業した子供たちをターゲットとしていたことや、『ご近所物語』が連載準備段階からアニメ化の話が進んでいたこと、『花より男子』のキャストに声優ではなくあえて役者を起用し、スタジオジブリの宮崎駿や高畑勲からほめられたという、あまり世間に知られていない裏話が詰め込まれている。

『BOYS』の方はというと、『ドラゴンボール』『デジモンアドベンチャー』『キン肉マン』といった不動の名作がずらりと揃っている。「主題歌名シーン集」のビジュアルを見ていると、頭の中であの名曲たちが自然と流れ出してしまいそうだ。また、松本零士アニメの歴史や、巨大ロボットアニメの歴史を概観できるコーナーも用意されていて、1970年代から90年代まで続いた伝説の系譜を辿ることができる。

 同書で特に目立つのが、「週刊少年ジャンプ」マンガを原作とするアニメたち。『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』『地獄先生ぬ~べ~』『スラムダンク』『北斗の拳』『聖闘士星矢』『Dr.スランプ アラレちゃん』など、ジャンプ黄金期を彩ってきた名マンガたちの、アニメ化作品を確認できる。

『デジモン』の超名曲『Butter-Fly』と主題歌を争った曲があった!? マシリトは有能すぎ!? 80~90年代の東映アニメ人気作品を振り返る本が大反響!!のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情おジャ魔女どれみひみつのアッコちゃんデジモンアドベンチャードラゴンボール東映聖闘士星矢鳥山明の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…