「業界的に悔しい思いをしてる方もいるかも……」ガチオタでも意外と知らない美少女ゲーム声優業界の実情とは――?【前編】の画像1
早瀬やよい(やよいは小文字)さん

 美少女ゲームを原作とするTVアニメが放送されてないクールは珍しい、というぐらい数多くの作品が放送されている現在。18歳未満でプレイできない、あるいはゲームには興味がない、という人でもアニメやコミック版は知っている……という場合も多いだろう。中には『Fate/stay night』(TYPE-MOON)のような大人気シリーズとなった作品も存在し、主に男性向けアニメを語るうえでは外せないジャンルだ。

 そんな美少女ゲームのセールスポイントに、「キャラクターボイス」も挙げられるだろう。近年の声優ブームから、美少女ゲームでヒロインたちを演じる声優に興味を抱いている人は少なくない。しかし一方で、美少女ゲームへ魂を吹き込む声優さんたちは、どんな人で、どんな活動をしていて、どんな事情を抱えているのか?――その人気ぶりと反して、その素顔は意外と知られていないのではないだろうか。

 というわけで、知っていそうで意外と知らない、美少女ゲームの声優さんインタビューを敢行! 美少女ゲーム業界が抱える課題などを分析、考察、解説してみようと思う。

 第1弾のゲストは、イベントなどでも活躍するフリー声優の早瀬やよい(やよいは小文字)さん。美少女ゲームの多くは18禁ということもあって、あまり表に出てこない声優さんも多い。だが、彼女はイベントなどへ積極的に出演しており、「会いにいける身近な美少女ゲーム声優さん」の1人なのだ。イベントで会えることもあるので、気になった人はぜひ現場に足を運んでみてほしい。


 声優という職業にたどり着くまでに、さまざまな道のりを経てきたという早瀬さん。まずは、声優を目指したきっかけと経緯から聞いてみた。

早瀬やよい(以下「早瀬」) 学生の時、自身の朗読音声を聞くという授業があって、一人だけ変な声のやつがいたんです。それが私だったっていう(笑)。周りからアニメ声とか言われて、もともとアニメやゲームが好きだったので声優になりたいな、と。それでアイドル声優を目指してセガのアイドルオーディションを受けたんです。当時から『サクラ大戦』が大好きで私の中では「セガ=サクラ大戦」っていうくらいでしたから。今でこそわかりますけど、ああいうオーディションって組んでいる事務所があるんです。でも、当時は知らないんですよ。オーディションには受かったんですけど、契約となったら「グラビアの事務所」で(笑)。声優をやるにはまずグラビアで売り出して……という方向になりました(笑)。でも、声優さんって「〇〇役の」ってイメージだから、ちょっと違うかな、と。


 と、“声優を志す”ようになった理由は、意外とよく聞くきっかけからだったが、グラビアアイドルとなってしまった早瀬さん。今では「アイドルから声優」という道も珍しくはないものの、当時はかなり畑違いだったはず。だが彼女は、紆余曲折あったものの声優という道を諦めなかった。


「業界的に悔しい思いをしてる方もいるかも……」ガチオタでも意外と知らない美少女ゲーム声優業界の実情とは――?【前編】の画像2

早瀬 一時は女優という道も薦められました。ただ、女優さんは「泣きの演技」で泣いて伝わればOK、でも声優はダメなんです。泣いている音をマイクにのせないといけないんです。そうやって考えて、声優はやりがいがあるなって。それで養成所に通うために1年くらいひたすらバイトして、養成所を経て、事務所に入ったものの方向性の違いが明確になって「どうしよう?」となったところで 次の事務所を紹介していただきました。


 これまで美少女ゲームは、世に出ていない声優であったり、音響監督がワークショップなどで知り合った役者などへ、仕事を直接依頼していたようだ。今よりコンテンツの数、声優の数が少なかったことも要因と考えられるが、アニメ、ナレーション、ゲームなど、声優に区分けがない時代でもあった。
 しかし現在、コンテンツの多様化に合わせ、事務所ごとに特徴も出てきている。もちろん美少女ゲームの仕事を得意とする事務所もあり、そこには「男性向けゲームに出演したい」という声優さんが集まってくる。ただ、ゲームでもアニメでも声優になるには養成所に通い、事務所への所属を目指す……というプロセスは一切変わらない。早瀬さんの場合は、美少女ゲームの音響制作も行っている事務所に入所し、美少女ゲームに特化した声優への道を歩むことになった。


早瀬 事務所に合う合わないは入ってみないとわからないです。大きい事務所であれば大きなチャンスがあるけど、ピックアップされないとオーディションの話もこない。かといって人数が少ない事務所に行っても、仕事の数がそもそも少ない可能性もあります。あと、事務所所属の方と自分の相性ですよね。同じ系統の声の人ばかりいたら、ピックアップされにくいと思います。


 強いチームの控え選手になるか、弱いチームでレギュラーになるか……といったところだろうか。早瀬さんは、ここで晴れて声優の道が本格始動し、美少女ゲーム声優の道を歩み始める。


早瀬 ここではモブキャラからサブキャラ、メインまでチャンスを与えていただきました。制作をやっている事務所にはディレクターさんがいるので、ちょいちょい勉強させてくれるんです。ディレクターさんから言われたことに、応えられるかどうかが新人には難しい。でも、同じ事務所ですから、時間をくれるんですよね。育成に力を入れているところだと、アトリエピーチさんが美少女ゲームの演技指導もある養成所をやってらっしゃいます。美少女ゲームに必要な音の出し方を専門的にレッスンでやっているのは画期的だなと思いますね。


 早瀬さんが所属していた事務所は「声優としての技術を向上させる」環境が整っていたようだ。事務所側から見ても「新人を育てる」ということは業界での生き残りに関わってくる。それを考えると、いわゆるエッチなシーンで聞ける「チュパ音」の出し方など、美少女ゲームに特化した人材を即戦力で育て上げているアトリエピーチの養成所というのも、時代のニーズに合っているのかもしれない。
 ちなみに早瀬さんは、この「チュパ音」に関してはどんな出し方をしているのだろうか? 当時は誰にも教わっていなかったというが……。


早瀬 参考にゲームをプレイしてみると、声優ご本人が音を出しているのはわかるんです。でもどうやって出してんの?って。だから先輩とか音響監督さんに聞いてやりました。人によって使う物も違うんですよ。私は大人のおもちゃを使います。それにハチミツかけたりして……なかなか人には見られたくない光景ですね(笑)。指だけで音を出す人もいますし、手も何も使わないで音を出すっていう人もいるみたいです。人それぞれですね。


 洋画やアニメだと大きなスタジオで声優さんが集まって収録する。そこで先輩声優に演技を相談したり、どんな態度や姿勢でアフレコに臨んでんいるか、など新人たちはいろいろ学ぶ。だが、「チュパ音」の出し方が人それぞれであったり、ゲームの収録は一味違う様子。


早瀬 ゲームは1人で、台本の自分のセリフだけを追ってしゃべります。だから先輩声優から現場で技を盗む、という機会もないんですよ。18禁アニメだと、一緒にスタジオに入るので、こうやって出してんだなーって勉強させてもらってます。でも、それまでは孤独の戦いです。試せるものは試すし、とことん調べますよ。ゲームは声優さんががんばって音作って出しているんだから、「飛ばさずに聞いて!」って思います(笑)。


 あの音はやはり声優さんが出しているのだ。もうここまで来ると「声の職人」である。ということは音や声にもそれぞれのカラーが出る、ということなんだろう。


早瀬 カラーは出ますね。私が特に勉強になるなと思う声優さんは、かわしまりのさん、桜川未央さん、風音さんです。あと、今谷みなみちゃんはゲップ音も出せるし、デブ役もできるすごい人だなと思っています。
 ゲームの場合、他作品の演技を聞くことで、その人が収録現場にいなくても「この人なら、こう表現する」とわかってきたりします。予想だにしない演技もあるのですが、納得されられたりもしますね。そういう意味で桐谷華さんは天才だと思います。
 ゲームはやればやるほど精度が上がっていくんですよ。アニメは空気感でアドリブもあると思いますが、ゲームは台本通りでアドリブもありませんし。


「業界的に悔しい思いをしてる方もいるかも……」ガチオタでも意外と知らない美少女ゲーム声優業界の実情とは――?【前編】の画像3

 声優たちの職人芸で支えられている美少女ゲーム業界。だが、とかく業績が悪化しているというニュースを耳にする昨今。ここからは、業界の景気について現場にいる人ならではの肌触りなども含めて、聞いてみた。ちなみに早瀬さん自身の、ここ数年の出演本数はというと……?


早瀬 私の場合、増えたんですよね。でも全体的には落ちてるんだろうなって思う部分もあります。例えば記事を持たせてくれた専門誌が廃刊になってしまったりとか……。年間出演本数のランキングサイトを、ファンの有志の方が作られているんですけど、私は掲載されたことがないんです。いつか50位以内に載ってやるんだって思っていますが、その50位に入るボーダーラインは除々に落ちてきていて、今は年間14本くらい。ただ、トップの風音さんは50本とか60本の時期もあったんです。PCゲームはユーザーの声が反映されやすいというか、あの声優さんが出てたら買うというファンの方が多い。ユーザーに気に入られているけど、事務所に気に入られてなかったら出演できないみたいことも少なく、ユーザーの声で出演できることもあるんです。


 ユーザーが声優を支持する声で出演本数が変わる、というのも興味深いところだ。コンシューマゲームと比較して、プレイヤーの絶対数が少ない、ということなのかもしれないが。
 一方、業界を盛り上げるため、ゲームを売るために各メーカーはイベントを開催したりとファン拡大に勤しんでいる。イベント出演も多い早瀬さんだが、一方で思うところもある様子。


早瀬 秋葉原でイベントに出ると、来ていただける方は同じ方が多いような気がしますね。だとしたら、少ないお客様を取り合っているのかもしれません。新規につながるというより、今いる人たちを満足させないといけないかたちになっているのかな。
 “エロゲー”って「世間一般に広まっているもの」と言われると、そうじゃないと思うんです。男性なら、たいてい一度ぐらいはAVを見たことがあると思うんですよ。でもエロゲーをやったことがあるという人は、多くないと思っています。


 TVアニメのイベントで、人気声優が出演するとなると、チケットもかなり入手困難なケースも多い。しかし、美少女ゲーム自体はまだまだユーザー数が足りないようだ。ゲームコンテンツが手軽に楽しめる時代になり、美少女ゲームも手軽になったが、その弊害も、早瀬さんは感じたとか。


早瀬 美少女ゲームをタブレットでも楽しめるし、ダウンロード販売でプレイできるものもあるし、移動中でもできるから手軽になったんだと思います。以前に電車の中で私の出ているゲームをやっている方を見たんですよ。うれしいけど……場所も少し考えたほうがいいかもってのも思うんです。見る人が見たら嫌悪感を抱いてしまうかもしれません。そこは怖い部分ですよね。


 ゲームを楽しむほうも、“18禁”であることは忘れずにいたいものだ。さて、次回はその“18禁”ならではの、美少女ゲーム特有の大人の事情とその周辺、そして皆大好き“お金”にまつわる話題まで、早瀬さんに登場していただき、ざっくばらんに、美少女ゲーム声優事情について語っていただくので、お楽しみに。(以降、後編へ続く!

「業界的に悔しい思いをしてる方もいるかも……」ガチオタでも意外と知らない“美少女ゲーム声優業界”の実情とは――?【前編】のページです。おたぽるは、PCゲームcatインタビューアイドル&声優ゲーム声優成人向けFate/stay nightTYPE-MOONインタビューエロゲー早瀬やよい美少女ゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ