1603_feminist.jpg
「Feminist Frequency」公式サイトより。

 ビデオゲーム業界にとって、近年最大の汚点であると認識されている“ゲーマーゲート問題”の中心的被害者の1人であるアニタ・サーキシアン氏が、現在のビデオゲーム内の女性表現を批判するビデオシリーズを今年いっぱいで終了させ、年内にも新たなフェミニズム問題を扱うビデオシリーズを、スタートさせる計画であることを発表している。


■最新動画の話題は女性キャラクターの“お尻問題”

 フェミニストのコミュニティ「Feminist Frequency」の主催者であるアニタ・サーキシアン氏は、2011年からビデオゲーム内の女性キャラクター表現を問題にした動画シリーズ「Tropes vs. Women」を、YouTube上に定期的に公開している。12年には本格的な動画制作を目指し、クラウンドファンディング「Kickstarter」で出資を募り、16万ドル(約1800万円)が集められ制作環境が整えられた。以後、「Tropes vs. Women」は今に続く、長い動画シリーズになっているのだが、12年に公開されたある回の動画の内容が、ビデオゲーム業界の批判をよしとしない勢力の攻撃の標的にされ、彼女に対してオンライン上でのハラスメントや“殺害予告”までが通告されて大きな騒ぎとなったのだ。この時期に欧米のビデオゲーム業界で起こっていた、“ゲーマーゲート問題”のひとつに数えられる一件にもなっている。

 そんな何かと話題の「Tropes vs. Women」だが、今年1月19日に公開された最新の動画が話題になっているのは、ビデオゲーム内キャラクターの“お尻”。『トゥームレイダー』や『バットマン アーカム・シティ』、『Remember Me』などに登場する主役、もしくは主役級の女性キャラクターの“お尻”がいかに丸みを帯びて強調されて描かれているのかを解説しているのだ。

「Tropes vs Women in Video Games」最新回 「feministfrequency」より

 一方で『アサシン クリード』や『プリンス・オブ・ペルシャ』など多くの男性キャラクターのお尻はどういうわけか、マントや長いコートで覆われているものが多いことを指摘している。もちろん『ウォッチドッグス』などのようにカジュアルファッションの作品も多いが、それでも男性のキャラクターの臀部が強調されることはないと主張している。

 しかし批判に終始するのではなく、例えば『ライフ イズ ストレンジ』では、女性主人公の臀部はあまり映らないアングルのシステムになっていたり、逆に『Beyond Good&Evil』のパッケージでは男性キャラクターの臀部が強調されたイラストが描かれていることなども紹介している。今回も興味深い指摘が開陳されることになったが、先頃、この「Tropes vs. Women」シリーズは今年いっぱいで終了することがアナウンスされた。かといって彼女にとってみれば、ビデオゲームの女性表現に関してまだまだ言いたいことはあるのだろうが、彼女のフェミニズム運動は次の段階へ進まなければならないということだ。

ゲームの女性キャラの“お尻の丸み”問題を指摘したフェミニスト団体が、ビデオゲーム批判動画を封印!? さらに歴史上の女性まで俎上に!のページです。おたぽるは、その他ホビーTropes vs. Womenゲーマーゲート問題ビデオゲーム批判フェミニストの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…new
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?