1603_hissatsuwaza.jpg
『特許情報プラットフォーム』より。

 バンダイが「必殺技」を商標出願しているという。出願日時は今年の1月19日で、出願の理由についてバンダイは回答を控えてるとのことだ。もしこれが通ればバンダイ以外の会社は「必殺技」という言葉が、バンダイの許可なしでは使えないとの状況になりかねない。

 今回のニュースに対しネットでは「頭おかしい」「こんなの許されんのかよ」「これは絶対許したら駄目だろう」「これは全力で抗議してぶっ潰さないといけんよ」「これは駄目だな。炎上させてバンナム潰そうか」と、大きな騒ぎになっており、バンダイは多くの敵を作る格好となってしまっているようだ。

「必殺技」とは、小学館の「デジタル大辞泉」によると、「必ず効果があると期待される、とっておきのわざ」という意味で、決して文字のとおり「必ず相手を殺す技」という物騒なものではない。そしてこの言葉は古くから数多くのマンガやアニメ、ゲームなど、多様なメディアに用いられてきていて、もはや公用語といっても過言ではない単語だ。「ここまで広く知られている言葉を商標登録なんてできるの?」との声も噴出している。しかし実はバンダイはこれまでにも「合体」、「変身」、などの言葉も登録していることから、今回も通る可能性は高いと考えられる。

 また、このバンダイの商標出願には批判の声だけでなく「中国対策だな」との声も上がっている。中国はこれまでに「千葉県」「浦安」「成田」「房総」「御宿」などの言葉を中国内で商標登録しており、これがヒートアップして中国の企業が日本で「必殺技」という言葉を登録すれば、日本企業としては非常にやっかいな事態になりかねない。そこでバンダイは先に「必殺技」を商標出願しておき、権利をおさえておく、もしくは却下されてもそれはそれで、今後「必殺技」が登録できないということになり、中国に言葉が奪われなくて済むために、出願したのではないかと推測する意見も一部にはあるようだ。

 商標登録に関してはこれまでにも大きな話題となったものがあり、2005年には「エイベックス」が「のまネコ」の図形商標の登録出願をして問題となっていた。エイベックスはルーマニアの音楽グループ「O-Zone」の代表曲『恋のマイアヒ』が、日本語の空耳をもとに作られたFlashムービーで話題になっていることに目をつけ、そのムービーの一部内容を修正して公式PVとして採用。さらにムービー内で登場するキャラクターを商用として用いるために「のまネコ」と名付け、図形商標の登録出願。しかしそのキャラクターが2ちゃんねるなどでよく用いられるアスキアートによるキャラクター「モナー」に似ていることからネットは大炎上。エイベックス社員に殺害予告が行われるほどに過熱し、事態を深刻に受け止めた同社は登録出願を断念した、という騒ぎにもなった。

 そして最近の商標登録についてのニュースでは日本オリンピック委員会が「がんばれ!ニッポン!」を商標登録しているということが印象に新しいところ。企業が安易に「がんばれ! ニッポン!」と記載したり、「がんばれ! ニッポン!」グッズやキャンペーンなどを行うと法律に抵触する恐れがあるという。こちらも「オリンピック委員会が利益を独占したいだけか!」「五輪の経済効果は全部国が総取りするってか!」と、批判の声が多く上がっていた。

 なにかとややこしい商標登録だが、果たして今回の「必殺技」はどうなるのか。「得意技」「奥義」など代わりの言葉はあるにはあるが、「必・殺・技」の響きは何物にもかえがたく、これからも多くの作品で目にすることができればいいのだが。

「こんなの許されんのかよ」バンダイが「必殺技」を商標出願しネットは大荒れ!! しかし過去には「変身」「合体」も商標登録済み…のページです。おたぽるは、その他のまネコエイベックスオリンピックバンダイ恋のマイアヒの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…