1603_jumprensai.jpg
「週刊少年ジャンプ」公式サイト

「週刊少年ジャンプ」に2つの超大作漫画が帰ってくる。冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』が約1年8カ月ぶりに、高橋和希の『遊☆戯☆王』(共に集英社)が約12年ぶりに復活! この一大ニュースに「11年ぶりにジャンプ買うか」「これはヤバい」「冨樫やっとゲーム終わったのか!」「冨樫先生ゲームクリアか?」「冨樫さんゲーム買うお金なくなったのかな」と、ファンは喜びの言葉を口にしている。

『遊☆戯☆王』は映画『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の公開を記念しての復活で、原作最終話と劇場版の物語をつなくエピソードが前後編で2週に渡って掲載されるということで、ファンにとっては嬉しいサプライズとなった。また、前編が載る「週刊少年ジャンプ」19号には、遊戯王のオフィシャルカード「流星方界器デューザ(KC仕様)」が付録でつくということなので「三部買わなきゃ」「カード付録とか戦争不可避なんですが」「ジャンプが街からなくなるかも」と、全国のデュエリストは血をたぎらせているようだ。

 そして、12年ぶりの『遊☆戯☆王』復活というビッグニュースに対して、期間としては1/6に過ぎないのに、ファンに与えた衝撃では上回っていのが、我らが冨樫先生の『HUNTER×HUNTER』。近年の圧倒的な休載率に絶望したファンは「これからも連載はないだろうな」「休む気満々なら、風呂敷広げるな」と怒りの声を上げ、2016年も15年に続き“休載率100%”になるのではないかと懸念もされていたのだが、まさかこんなにも早く? 再開が決定するとはさすが、ファンの期待を裏切ることが上手い冨樫先生である。

 この4年間でわずか9話程度しか掲載されなかった『HUNTER×HUNTER』の復活は、完全に読者の意表をつき「どんな話だったっけ?」「もうどこで話が止まってるかも思い出せん」「記憶力がいいやつ解説よろしく」と、多くの人が話を忘れている様子。

 サラッとおさらいをしておくと、ハンター協会会長・ネテロの死後、次期会長を決める選挙が始まる。その結果パリストンが選ばれるも、パリストンは辞退し、チードルが新たな会長となった。一方、主人公であるはずのゴンは、蟻編でピトーを倒すため“ゴンさん”状態になった反動から生死の境をさまよっていたが、アルカとキルアのおかげで回復。旅の目標としていた父親・ジンとの出会いも果たし、一件落着。そんな中、ネテロの息子・ビヨンドが謎の仲間たちを引き連れて、未開の地「暗黒大陸」進出を宣言。あとはゴンが念が使えなくなって故郷に帰ったり、レオリオとクラピカが十二支んに加入したり、ジンがビヨンド一派に加入したり、ドン=フリークスとかいうゴンの祖先っぽい人がいることを示唆された。

 この風呂敷を広げに広げた後の長期休載では、ファンが怒るのも無理はなく「もう二度と連載するな!」とまで言われていたが、結局冨樫先生が復活することが分かると「こんだけ休載しといてまだ楽しみだと思わせるのが悔しい!」と、ファンは強制的にツンデレにさせられているのであった。

 また、一説には冨樫先生はゲーマーで「ドラクエ10とかFF14が終わったから復活したんだな」といった声も、今回の復活劇の裏でささやかれている。となれば次の休載までのリミットは『ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて』(スクウェア・エニックス)の発売が予定されている17年5月26日までで、ちょうど再開から1年程度となる。きりもよく、そこまでは冨樫先生の奇跡の連続連載が見れるかも!?

 ただ『ファイナルファンタジーXV』の発売日が今年の9月との情報もあり、そちらは是非スルーしていただけると全国のファンは助かるのだが……。

『HUNTER×HUNTER』連載再開!! 冨樫先生の復活劇に「ゲームが終わったから復活したんだな」の声が上がるも、奇跡は今年の9月まで!?のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画HUNTER×HUNTERドラゴンクエストファイナルファンタジー冨樫義博遊☆戯☆王の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!