1603_azazel.jpg
久保保久(@KUBOYASUHISA)のTwitterより。

 年明け早々、世間を騒がせたベッキー&ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音の不倫騒動。その波はマンガ界にまで及び、先月1日発売の「週刊少年ジャンプ」2016年9号掲載の『斉木楠雄のΨ難』(麻生周一/集英社)第181χ(カイ)では、“卒論”ネタが展開され話題に(参照記事)。そんな中、8日発売の「イブニング」7号に掲載された『よんでますよ、アザゼルさん。』(久保保久/講談社)では、ベッキーならぬ“ゲッスィー”が登場し、注目を集めている。

“ゲッスィー”が登場したのは、127話「黙認」。125話、芥辺探偵事務所を訪れた刑事・泥田が追う指名手配犯「ジャイアントカメレオン女」を捜査する堂珍光太郎、小山内治一行だったが、127話では、泥田とオトナの関係となっていた小料理屋の小雪がジャイアントカメレオン女と判明。私情と責務の間に揺れる泥田が、けじめをつけると決心するところから始まる。

 問題のシーンはこの後。泥田がけじめをつけてから1週間が経ったものの、ジャイアントカメレオン女逮捕のニュースが入らず、「おいおい どないなっとんねん?」と、昼のワイドショーを見るアザゼル篤史とベルゼブブ優一のシーン。

 なんとTV画面には、謝罪会見時のベッキーとそっくりの、顔面蒼白の“ゲッスィー”が! しかも「ゲッスィー(31)シャブ乙女皮谷(27)ミサイル不倫で議員辞職!! 球界への影響は!?」というテロップ付き。ベッキー&ゲス川谷の不倫騒動だけでなく、北朝鮮のミサイル発射問題に宮崎謙介元議員の不倫騒動、そして清原和博容疑者の覚せい剤逮捕と、さまざまなニュースを連想させるコマとなっているのだ。

 それに対する「くる日もくる日も ゲッスィーがシャブ乙女とミサイル不倫で議員辞職のニュースばっかしやないか どないなっとんねん どないなっとんねん」というアザゼルの突っ込みも、世の声をばっちり代弁しているからさすがだ。

 以前から、時事ネタ&下ネタを多数織り込んできた『よんでますよ、アザゼルさん。』だが、今回も「アザゼルさんのこういうゲスいネタ好きです」「ゲッスィーwww」と喜ぶファンの声あるだけに、今後のネタも楽しみにしたいところ。

 ちなみに、けじめをつけるはずだった泥田は、すっかりジャイアントカメレオン女こと小雪に寝返り、堂珍らに“黙認”するよう要求。“週刊文秋”や宮崎元議員、ベッキーらしき人物たちのイラストをバックに、「近頃の日本はなにかおかしいと思わねぇか…… 連日のマスコミの報道や 過剰とも言えるSNSでの個人攻撃 何でも明るみにして人を追い込むことがはたして正しいことなのかよ……」と、何か少し考えさせられるような問いかけをしている。

ゲッスィーだと!? 時事ネタでおなじみの『アザゼルさん。』が「ゲッスィーがシャブ乙女とミサイル不倫で議員辞職」ネタを展開!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画よんでますよ、アザゼルさん。イブニングゲスの極み乙女。ベッキー久保保久斉木楠雄のΨ難清原和博週刊文春の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!