1603_FPS.jpg
「Indiegogo」公式サイトより。

 スリリングなサバイバルゲームが日常の環境の中でも楽しめるようになる――。しかもスマホを使って手軽に“戦争”ができることになりそうだ。


■『Father.IO』はまさに『Ingress』のFPS版

 カウボーイという西部開拓時代のヒーローを有するアメリカでは、子どもたちも遊びの中で自然と銃撃戦ごっこに興じていたりするようだが、昨今ではLaser Tag(レーザータグ)という、レーザービームを使ったサバイバルゲームも人気だ。

 本格的なサバイバルゲームに比べればハードルが低いLaser Tagだが、やはり遊ぶ前にはそれなりに準備が必要で、銃もプレイヤーも揃っている専用の施設に行くなり、前もってメンバーを集めるなりしなくてはならないのは当然のこと。

 しかし今回登場した『Father.IO』は、近所の日常の環境を“戦場”に変え、敵も味方もその場に現れてくるという、画期的なLaser Tagなのである。それもそのはず、ゲームで使う銃もマップもすべてスマホで事足りるシステムだからだ。いわばGoogleの位置情報ゲーム『Ingress』のFPS(ファーストパーソンシューティング)版とでも言えるゲームが、この『Father.IO』なのだ。

『Ingress』と同じくアプリそのものは無料で、OpenStreetMapから提供されたマップをベースにして、現在地の50平方メートル以上の範囲を“戦場”に変えることができる。地図上で特定されている建物が、そのままゲームの世界に取り込まれるというわけだ。逆に『Ingress』と違う点は、なんといっても生身の人間を相手にして仮想の銃撃戦を繰り広げることにある。その面白さは動画でもよく伝わってくる。

『Father.IO』紹介動画 「fatherio」より

 敵にも味方にもその場で出会うことになり、現場のプレイヤーたちのほかにも、部屋で椅子に腰掛けてPCで作戦の指揮を執っている司令官も戦闘に参加し、2つの勢力が緊迫した闘いを繰り広げている。PCで参加しているプレイヤーがドローンを操縦して攻撃を行なっているシーンもあり興味深い。確かにこのシステムであれば、事前にプレイヤーを集めなくともすぐにゲーム始められることになる。『Ingress』のようにプレイヤー人口が増えるとなかなかスゴイことになりそうだ。

Ingress徹底攻略完全日本語ガイド

Ingress徹底攻略完全日本語ガイド

ローカライズされるまでは、Ingressでもやってますか。

街が“サバゲー”の戦場になる!? スマホを使ったリアルFPS『Father.IO』がこの夏登場のページです。おたぽるは、ゲームモバイルゲームFather.IOIngressThe Inceptorサバゲーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ