1603_sanada08.jpg
『真田丸』公式サイトより。

 27日放送の第8話「調略」は17.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と前回とさほど変わらず。ただ、総合より一足早く放送されるNHK BSプレミアムでは4.4%と、BSでは珍しいぐらいの高視聴率となっている『真田丸』。

 内容のほうも、かつて大河ドラマで、主人公サイドがこれほどまでに嘘つきまくりで、真っ黒だったことがあるだろうか……と、驚くぐらいに真田昌幸(草刈正雄)が悪くて黒くて権謀術数限りなく、頼もしい。というわけで今週もネット上のファンの声と、筆者の個人的感想を交えて振り返ってみたい。

 冒頭から「茶漬けキター!」「汁かけメシ!」と、ネット上の歴史好き・歴史小説好きを喜ばせたのが、北条氏政(高嶋政伸)の食事シーン。“2度汁かけ”=氏政が食事の際、汁を飯にかけたが、汁が足りなかったので後からもう一度かけた。それを見た父・北条氏康が「毎日食事をしておきながら、飯にかける汁の量も量れんとは。北条家もわしの代で終わりか」とつぶやいた、という有名な逸話がある。

 真偽はわからないが、ともかく有名であり、第1話から氏政が登場するたびに、実況スレなどでは「汁かけメシ登場!」など言われていたものだが、有名エピソードを念頭に入れた、クスッとくる展開を盛り込んでくれたのはうれしい。しかも「先を急ぐな。食べる分だけ、汁をかける」とかつぶやきながら。高嶋政伸の怪演ぶりもあいまって、実に楽しいシーンとなっていた。

 第8話の物語はというと、北条と上杉景勝(遠藤憲一)の対決が迫る信濃・川中島。昌幸・正雄は上杉に従うふりをしつつ、北条へ寝返り。主人公・真田信繁(堺雅人)は昌幸の命を受け、海津城の城代・春日信達を上杉から北条へ寝返らせようと、調略に奮闘する。だが、昌幸・正雄には信繁・堺に伝えていない、さらなる奥の狙いがあった……というストーリー。

 ざっと全体の感想などを見てみると「昌幸と叔父(真田信尹/栗原英雄)がぐう畜すぎるwww」「昌幸パパが裏切り過ぎて、敵が誰だか分からなくなる現象w」と、相変わらず黒すぎる昌幸・正雄が大人気。ドラマで描かれた部分だけでも、武田→織田(滝川)→独立?→上杉→北条と臣従する相手をコロコロと変えているが、この間わずか3カ月ちょっと。おそるべき表裏比興ぶりだが、さらにこの後もコロコロ変えていくはずなので、楽しみなことこの上なしである。

真っ黒な草刈・昌幸の陰謀が今週も冴え渡る! 今週も長澤・きりがうざい!! 嬉しい茶漬けシーンもあった『真田丸』第8話レビューのページです。おたぽるは、その他ホビー堺雅人大泉洋真田丸草刈正雄遠藤憲一長澤まさみ高嶋政伸の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…new
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?