1602_sanada07.jpg
『真田丸』公式サイトより。

 21日放送の第7話は17.4%と、前回からの16.9%(視聴率はともにビデオリサーチ調べ、関東地区)から、ちょこっとだけ視聴率を上げた大河ドラマ『真田丸』。誤差の範囲内という気もしないでもないが、ともあれ少しでも上がったのは嬉しいし、前回の放送では聖地・長野地区における視聴率が30%を越えるなど好調の様子。何より面白いので、先週に引き続きネット上のファンの声と、筆者の個人的感想を交えて振り返ってみたい。

 第7話「奪回」は、真田昌幸(草刈正雄)、信幸(大泉洋)たちが本能寺の変後のどさくさにまぎれて、領地の奪回を狙う。滝川一益(段田安則)と北条氏政(高嶋正伸)が戦っている間に、沼田城と岩櫃山を取り戻す。一方、信繁(堺雅人)は滝川家の人質となっていた祖母・とり(草笛光子)を奪いかえすため、単身小諸城へと忍び込むのだが……といったストーリー。

 先週、“このままでは、後々「『真田丸』の真の主人公は草刈だった」という声が上がるだろうなと思ったりするもするので、堺・信繁が、そんな現状の評価を覆す活躍を今後見せられるのか、注目してみたい”などとのん気に書いていたが、今週もぶっちぎりで草刈・昌幸がおもしろくて、魅力的でたまらない。

 息をするように嘘をつき、国力に勝る周辺大名をあの手この手で出し抜こうとする草刈・昌幸。ネット上の評判を見ても「昌幸が腹黒すぎて草www」「父ちゃん真っ黒すぎて最高!」と相変わらず大好評。まんまとだまされた滝川一益の「嘘ばかりつきおって!」というセリフに、視聴者もまったくだと、うなずくばかり。さすが後に秀吉から“表裏比興”(後背が定かでない)と呼ばれる男である。

 さてそんな昌幸が腹黒くさまざまな計略を練っていたころ、肝心の主人公、堺・信繁は何をしていたかというと、人質となっていた祖母・とりの奪回に失敗し、落ち込んでいたという有様……。感想スレなどを見ても堺・信繁への言及は少なく、主人公だというのに活躍の場が少ない。だが良く考えれば、史実の真田信繁はこの頃、14、5歳ぐらい。ここで無双の活躍ができるほうが不自然なのかもしれない。

 むしろ、信繁の制止を振り切って自ら人質となることを宣言する祖母・とり(草笛光子)や、落ち込む息子を諭す昌幸が格好良く、これは家族の物語であり、信繁の成長物語でもあるのだなぁと改めて思ったり、大人が格好いいドラマは締まりがいいなと感じた次第。

 ほかネットで評判良かったシーンを上げてみると「人質救出シーン、三谷の得意技が炸裂しててワロタw」と信繁の小諸城潜入シーンでの脚本・三谷幸喜っぽいコメディシーンや、「滝川さんサイドが主人公サイドに比べていい人たちすぎる」と、どうやら今話が最後の出番になりそうな滝川一益に言及する声が多く上がっていた。

 さて、ほめてばっかりではなく、たまには批判の声も。ネット上で目立つのが長澤まさみ演じる、きりへの批判。きりは、真田家の重臣・高梨内記の娘で信繁とは幼馴染。公式サイトの人物紹介でも“大阪の仁まで、信繁の波乱の人生に沿い続けるパートナー”とばっちり記載され、史実でも側室として名前が残っている、『真田丸』のメインヒロインだ。

 三谷幸喜が「時代劇になれていない若い世代に興味を持ってもらう役目を担ってほしい」と語っていた長澤・きり。仕える信繁や昌幸たちに対しても素直に文句を言ったり、すねたり、甘えたりというキャラクターなのだが、時代劇をやっている中に一人だけ現代ドラマのキャラクターがまざっているようで「きり、ウゼー」「いくらなんでもうっとおしすぎる」「こんな役で本人もかわいそう」と、にわかに批判が高まってきているようだ。

 前半は着物姿も似合う長澤のルックスもあって「かわいいし、オッパイでかいからそれでいいんだよ」とかばっていた視聴者たちも、前話では信繁の姉・まつの死(生き残っていたわけだが)、そして今回は戦さ中とシリアスな展開でも相変わらずだったために、ヘイトが高まってきているようだ。どこまで制作陣の意図どおりなのかは分からないが、あまりにヘイトを貯めすぎてしまわなければいいのだが……。

 ただ、あらすじ紹介を見ると、草刈・昌幸の腹黒策略パートはまだまだ続きそうだ。史実や歴史小説で大体の流れは知っているはずなのに、それでもドキドキ・ワクワクさせてくれる『真田丸』。ここまで、イマイチ戦闘シーンがしょぼいのも今後の展開、特に前半戦の山であろう、第一次上田城決戦まで予算とかスケジュールをとっておいているんだよね? と信じつつ、次回にも期待したい。
文/馬場ゆうすけ

「まったくわからん!」「黙れ、こわっぱ!」の2つがないのだけが残念だった7話。

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

ドラマとあわせて読むと、なお面白い

相変わらず好評も「面白いんだけど長澤がうざい」と、長澤・きりにヘイト集中!? 『真田丸』第7話レビューのページです。おたぽるは、アイドル&声優声優堺雅人大泉洋小日向文世真田丸草刈正雄長澤まさみ高木渉の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!