1601_buratamori.jpg
NHK『ブラタモリ』公式サイトより。


 タモリが街歩きするバラエティー番組『ブラタモリ』でアシスタントを務めているNHK・桑子真帆アナ(28)が、3月末で同番組から卒業することが内定し、番組のファンからブーイングが飛んでいるという。

 NHKは今春の番組改編で、深夜の報道番組『NEWS WEB』(月~金曜午後11時30分~深夜0時)を終了させ、時間を拡大させる形で、新たな報道番組『ニュースチェック11』(月~金曜午後11時15分~11時55分)を4月4日にスタートさせる。その新番組のMCに桑子アナが起用されることになりそうで、それに伴い、『ブラタモリ』は卒業となる見込み。

 桑子アナは東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)を卒業後、10年にNHKに入局。初任地は長野放送局で、13年4月に広島放送局に転勤。広島局時代は『おはようひろしま』のキャスターを務めたほか、BSプレミアムの幼児向けバラエティー番組『ワラッチャオ!』で“初代お姉さん”として活躍。

 15年3月、東京アナウンス室に異動となり、『NHKニュース7』サブキャスター(平日隔週)、『首都圏ニュース845』キャスター(同)に就任。それとともに、3年ぶりに復活した『ブラタモリ』のアシスタントとなった。

 東京に移って、まだ1年弱であるにもかかわらず、昨年12月に発表された『第12回好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン調べ)で5位に食い込むなど、今や同局の女子アナでは、“大御所”有働由美子アナに次ぐナンバー2の人気者に急成長した。

 今回の番組担当替えは、桑子アナの人気を当て込んだもので、NHK的には“抜擢”であることに間違いはないのだが、視聴者的には、かえって“いい迷惑”に思えてしまったようだ。

 この措置について、視聴者は「タモリと桑子アナのユーモアあふれるやりとりがおもしろくて見てるのに……」「桑子アナが出ないなら、もう見ない」「今の『ブラタモリ』は、タモリと桑子アナとのコンビがあってこそのもの。バラエティーのセンスのない女子アナがアシスタントになってもつまらない」といった論調で、一斉にブーイングが飛んでいるのだ。

「NHKは桑子アナの能力をどう分析しているのか? 報道とバラエティーを硬軟自在でこなせるところが桑子アナの良さ。大物タレントのタモリを相手にしても、ものおじせず突っ込みを入れられるあたりは、ただものではありません。視聴率的には、ほぼ毎週10%超えしていますし、桑子アナの貢献度は高いはずです。それなのに、わざわざ『ブラタモリ』から降ろさなくてもいいのでは……」(女子アナ・ウォッチャー)

 タモリ自身、「桑子はいい」と絶賛しているだけに、この名コンビが消滅するなら、残念至極。バラエティーで、その潜在能力を開花させた桑子アナを、報道に専念させたところで、局としても、本人的にもメリットがないと思われのだが……。
(文=森田英雄)

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門

この2人だからこその『ブラタモリ』なのに……

人気急上昇中のNHK・桑子真帆アナの『ブラタモリ』卒業にファンがブーイング!のページです。おたぽるは、アイドル&声優芸能NHKブラタモリ桑子真帆の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!