1601_oculus.jpg
「Oculus Rift」公式サイトより。


 2016年も幕を開け、ゲーム業界にとっては遂に次世代VRゲーム元年がスタートした。先陣を切って待望のコンシューマ版HMDであるOculus Riftの予約が先日に開始され、HTCのViveも2月29日に予約を開始する旨を発表。いよいよ各社の次世代HMDがこれから相次いで登場する。


■待望のOculus Riftは9万4600円で入手可能

 年明けの1月6日(米国時間)、待望のコンシューマ版Oculus Riftの予約が開始された。価格は599ドル。世界20カ国で同時に予約が開始され、日本から予約した場合の価格は送料込みで9万4600円だ。3月から受付順に発送を開始するとアナウンスされたが、今から日本で予約するとどうやら発送は5~6月以降になってしまいそうだ。

 おたぽるで以前紹介した宇宙戦闘機VRゲームの『EVE: Valkyrie』に加えて、アクションゲーム『Lucky's Tale』の2本のゲームソフトがOculus Rift本体に同梱されることが明らかになった。他にもXbox One用のワイヤレスコントローラー、専用リモコンの「Oculus Remote」、3Dポジショナルセンサーなどの同梱品があるということだ。

 昨年6月に開催された世界最大のゲームイベント「E3 2015」で展示され注目を集めたOculus Rift用のハンドトラッキングデバイス「Oculus Touch」については、出荷時期が2016年下半期に延期されており、本体の発売には間に合わない格好となったが、このOculus Touchも今回一緒に予約することが可能となっている。なお、本体の出荷が始まる3月頃には、Oculus Rift版のVRゲームタイトルの第一弾ラインナップが出揃うということだ。ハードのみならずゲームソフトにも注目したい。

 一方、台湾のHTC社が米ゲームメーカー・ValveのVR技術の提供を受けて開発したViveの予約が、2月29日に開始されることが同社から発表されている。現在はまだ価格は発表されてないが、近々に公式アナウンスがあるはずだ。

 PS4ユーザー待望のPlayStation VRの発売に関する詳細情報はまだリリースされていないが、こちらも近いうちに何らかの発表が行なわれるようだ。年明けに米・ラスベガスで開催された世界最大のコンシューマ・エレクトロニクス見本市である「CES 2016」で、ソニー・コンピュータエンタテインメントの平井一夫CEOは現在100タイトル以上ものPlayStation VR専用ソフトを準備していることをBBCの取材で語っている。今まさに、VRゲーミング新時代の開幕前夜が訪れたと言えるだろう。

次世代HMD元年開幕! 予約が開始されたOculus Riftを購入するのはゲーム好きではない「別のグループ」か?のページです。おたぽるは、その他メーカーゲームOculus RiftPlayStation VRVRWindows10の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…