1601_ichikawayosou.jpg
『市川紗椰』オフィシャルサイトより。

 アメリカ人と日本人の間に生まれた端正な顔立ち、身長168、B85・W55・H82センチというプロポーションを武器に、モデル業やタレントとして活躍する市川紗椰。一方で、鉄道やアニメにも造詣が深い市川が、12月25日発売の「FLASHスペシャル グラビアBEST」(光文社)2016年2月1日増刊号で、アニメ・マンガのネクストブレイクについて語った。そのラインナップが、矢口真里などの“なんちゃって”とはレベルが違い、オタク男性からも「結構マジっぽいな」と注目を集めている。

 12月20日の自身のオフィシャルブログでは、『スターウォーズ/フォースの覚醒』について、「つっこみどころはもちろんあるけど、今回の新シリーズの一作目に関しては、ストーリーそのもの面白さ等以前に、ファンの信頼を得ることが一番の課題だったと思うので、その点では100点満点。基本設定や小ネタ、CG使い方や美術に関しては、スターウォーズ愛溢れる」とつづった市川。シリーズをきちんと観ていないと出てこない感想だし、『スターウォーズ』のTシャツを着て鑑賞しているくらいだから、よほど好きなのだろう。

 その市川が、16年に期待しているアニメは、『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』『ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~』(ともにTOKYO MXほか)、『昭和元禄落語心中』(MBSほか)の3作。『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』は「ストーリーが秀逸な谷口悟朗氏の久々の新作オリジナル」、『ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~』は「制作会社が信者級に好きな制作会社・P.A.WORKS」、『昭和元禄落語心中』は「今まで本格的に落語を題材にしたアニメがほとんどなかった」というのが、それぞれの理由。

 続いてマンガは、『ダンジョン飯』(KADOKAWA)、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』(小学館)、『俺のプロレスネタ、誰も食いつかないんだが。』(新潮社)の3作。『ダンジョン飯』は「毎回捕まえて、どう調理するか悩んで、食べて……という展開だが、それがまったく飽きずに読めてしまう」、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』は「アムロやシャアが出てくる“宇宙世紀”という世界観で描かれた新作というだけでワクワク感がある」、『俺のプロレスネタ、誰も食いつかないんだが。』は「プロレス愛が清々しくて、何かに熱狂している人を見る楽しさと、各所にちりばめられたプロレスのうんちく」といった理由を挙げた。

 この市川の選出には、「ガチだな」「モデルがオタクなんじゃなくて、オタクがモデルやってる。本物なのは、本物な俺たちが1番よくわかる」「親しみ持てる美人かと思ったが、思ったよりマニアックで濃かった」と、オタク男性も太鼓判。中には、「美人でおっぱいも大きい。無敵」「この人、頭良くて、きれいで、人柄も良さげでオタク」といったように市川を完璧とする人や、「矢口もこれぐらいのこと言ってのけたら認めてやるのに」「上っ面のみの中川(翔子)と大違い」「にわかの中川潰してくれないかな」と、ほかのタレントと比較する人も見られた。

 ただ、一方で「この人は隙がなさすぎる完璧超人だから、現場のオタにはさほど人気出ないだろう」という声や、「美人なのに残念」「オタクであることをビジネスにするのはやめてほしいな」「オタク趣味のない小生は、おっぱい路線で攻めてほしいわ」「あんまり手広くやると叩かれるで、市川ちゃん」といった声も。

 男女問わず、同系統の趣味を持つ人に対し、対抗心をむき出しにする人や毛嫌いする人は存在する。しかし、そうした人たちに耳を傾けず、オタク道を突き進んでほしいものだ。

市川紗椰/夜が明けたら

市川紗椰/夜が明けたら

見初められる男性が羨ましい

「モデルがオタクなんじゃなくて、オタクがモデルやってる」 市川紗椰の期待するアニメ&マンガにオタク男性も納得!?のページです。おたぽるは、アイドル&声優芸能アクティヴレイド -機動強襲室第八係-サンダーボルトダンジョン飯ハルチカ市川紗椰昭和元禄落語心中の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
グラドル川崎あやが朝から悩殺ポーズ!午前中から脳ではなく別のところが覚醒しちゃうよ…new
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?