1512_armourgirls_01.jpg
ワンマンライブの様子。

 2014年10月13日にZepp Tokyoで行われた仮面女子の2ndワンマンライブで、さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブ開催が発表されてから約1年。無謀ともいわれたこのライブを、11月23日のこの日、彼女たちはついに実現することが出来た。

 しかし、それまでの道のりには、目標に向かってまっしぐらに進む彼女たち自身の心の内にも、幾多の葛藤や苦難があった。自分自身の将来の進路、ベテランメンバーの卒業、新メンバーのスキルの未熟さ、メンバー間の温度差……。それらを乗り越えて、最強の地下アイドル“仮面女子”に選ばれた18人のメンバーはステージに立っていた。

 仮面女子の中でも、若手メンバーによって構成されるアーマーガールズにインタビュー。晴れの舞台の裏に隠された、彼女たちの心情に迫った。

■黒木ひなこ「応援してくれた人たちにありがとうを伝えるためのライブ」

1512_armourgirls_02.jpg
黒木ひなこの練習ノート。ノートの中身よりも、表紙のスタンプに力を入れていたらしい!?

――今回のワンマンライブまでの道のりで、最も苦労したことは何ですか?

 今年の春に、体調不良で1カ月ほどステージに立てない日がありました。アーマーガールズのセンターとして立たせてもらっていますが、仮面女子では1列目に立っていたのが、4列目に下がってしまいました。ファンのみなさんには、推しのメンバーがどの位置にいても、センターみたいなものだからと温かい言葉をかけてもらいましたが、せっかく応援してくれているのに、自分のせいで、今まで上り詰めてきたものをゼロからのスタートにしてしまったことが、本当に悔しいです。

――黒木ひなこさんにとってのさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブとは?

 私の集大成です。通過点という言葉もあるかもしれないんですけど。私、高校と両立して仮面女子を頑張ってきたのですが、学校に行けないことも多く、友だちにノートをとってもらっていたり、テスト前に一緒に勉強をしてもらったりと、けっこう友だちにも支えてもらっていたんです。だから、今までのアイドル人生の集大成として、応援してくれた人たちにありがとうを伝えるためのライブでした。

「先輩たちに仮面女子として認めてもらうことに苦労した」…さいたまスーパーアリーナワンマンライブに挑んだ仮面女子たちの本心【アーマーガールズ編】のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優アーマーガールズ仮面女子地下アイドルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ