1512_steamgirls_01.jpg
神谷えりな。

 2014年10月13日にZepp Tokyoで行われた仮面女子の2ndワンマンライブで、さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブ開催が発表されてから約1年。無謀ともいわれたこのライブを、11月23日のこの日、彼女たちはついに実現することが出来た。

 しかし、それまでの道のりには、目標に向かってまっしぐらに進む彼女たち自身の心の内にも、幾多の葛藤や苦難があった。自分自身の将来の進路、ベテランメンバーの卒業、新メンバーのスキルの未熟さ、メンバー間の温度差……。それらを乗り越えて、最強の地下アイドル“仮面女子”に選ばれた18人のメンバーはステージに立っていた。

 仮面女子の中でも、この1年間で最も新メンバーが増え、ユニットが大きく一新されたスチームガールズにインタビュー。晴れの舞台の裏に隠された、彼女たちの心情に迫った。

■黒瀬サラ「仮面女子立てたことは、本当に奇跡」

1512_steamgirls_02.jpg
オープニングアクトでは、メンバーの夢を叶える企画としてランウェイを歩いたモデル志望の黒瀬サラ。

――今回のワンマンライブまでの道のりで、最も苦労したことは何ですか?

 仮面女子は人数も多いし、それぞれ別の仕事もあるので、リハーサルに全員揃わないことがたくさんありました。新曲の振り写しが長引いたりすることがすごくあり、深夜の練習も続いたりして大変でした。でも、今まで私たちが立ったことがない本当に大きなステージなので、この日のために積み上げてきたものを、ファンの方に見せられたことはよかったなと思います。

――ワンマンライブはいかがでしたか?

 Zepp Tokyoでも緊張して頭いっぱいのステージでしたが、そことは比べ物にならないくらい、もっと大きいステージに立つということで、最初はびっくりしていました。不安もすごくありましたが、メンバー同士の時間が合わない中、練習を繰り返していったら、どんどん楽しみになって、本当に本番では緊張があまりなくて心から楽しめたステージになりました。思ったよりもファンのすごく喜んでいる姿を見ることができて、うれしかったです。

――黒瀬サラさんにとってのさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブとは?

 夢のステージです。本当にメジャーな方々がライブをする素敵なステージなので、こうして仮面女子立てたことは、本当に奇跡みたいなものです。このチャンスを活かして、もっとここから仮面女子が大きくなっていけたらうれしいです。

「意識の違いが浮き彫りになっていた」 さいたまスーパーアリーナワンマンライブに挑んだ仮面女子たちの本心【スチームガールズ編】のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優アーマーガールズ仮面女子地下アイドルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…