1512_jam04.jpg
アニソンスーパーユニット・JAM

■360度をファンに囲まれるステージでJAMが熱唱
 アニソンシンガー・水木一郎の「21世紀へ古き良きアニソン魂を残したい」という呼びかけにより、2000年に結成されたJAM Project。現在は結成メンバーの影山ヒロノブ、遠藤正明、そして途中加入となったきただにひろし、奥井雅美、福山芳樹によるアニソンスーパーユニットとして活動中。JAM Projectの設立15周年を記念した集大成のライブ「JAM Project 15th Anniversary Premium LIVE THE STRONGER'S PARTY」が、11月29日、神奈川県・横浜アリーナにて開催された。

 ご存知のように広大な横アリだが、当日のステージは東西から花道が伸び、アリーナ中央に四角形のメインステージが存在するという大胆なセット。花道の両端にもミニステージがあるなど、一見すれば「プロレス・メジャー団体の大会」のようにも見える。
 そしていよいよ「選手入場」となるが、赤と青に照らされた両端のミニステージ後方から影山ヒロノブと遠藤正明、奥井雅美・福山芳樹・きただにひろしの3人と2組に別れて登場。BGMが鳴るワケでもなく、ファンの歓声が響くだけのアリーナを、それぞれ中央ステージへ向けて歩いてく。

 そして5人が中央ステージに揃ったところで、アリーナ内には一瞬の静寂が。そこで鳴り響いたオープニングナンバーは「レスキューファイアー」(特撮『トミカヒーロー レスキューファイアー」OP)だ。曲中の「MOTTO! MOTTO!」のシンガロングに加え、楽曲の締めに叫ばれる遠藤のシャウト「爆鎮完了!」があることから、セットリストの最後に選ばれることも多いこの楽曲。しかし記念すべきこの日のライブでは、JAMでも屈指の人気曲からのスタートとなった。

 続いてはステージから爆炎が立ち上る演出からの「Crest of "Z's"」(PS2ゲーム『スーパーロボット大戦Z」OP)、カラフルなレーザービームが発射される中での「Rebellion~反逆の戦士達~」(PS3&PSVita用ゲーム『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄」」OP)と、JAMの代名詞とも呼べる「スパロボ楽曲」を立て続けに投入。序盤からファンを煽るような構成に、フロアも真っ赤なサイリウムと大歓声で応えてボルテージを上げていく。
 続けて「Breakthrough」(アニメ「ノブナガ・ザ・フール」OP)、「Maverick~覚醒されし獣~」(同、挿入歌)と、一気に6曲を歌い続けたあとで、この日最初のMCへ。

最強アニソン・ユニットの結成15周年を祝う4時間の超ロングライブ! JAM Project 15th Anniversary Premium LIVE THE STRONGER'S PARTY レポートのページです。おたぽるは、アニソンアニメイベント情報・レポJAM Projectきただにひろしスーパーロボット大戦奥井雅美影山ヒロノブ水木一郎福山芳樹遠藤正明の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…