hanamoyu12256854.jpg
    『NHK大河ドラマ「花燃ゆ」』より

     井上真央主演のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』(日曜午後8時~)最終回(第50話)が12月13日に放送され、視聴率は前週(第49話)の13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)よりダウンして、12.4%止まり。これで、全話平均は12.01%となり、2012年の『平清盛』(松山ケンイチ主演)と同率で、仲良く、大河ドラマ史上ワーストタイの不名誉な記録に並んだ。

     全くの無策でもなかった。最終回には、「2006年ミス・ユニバース世界大会」総合2位に輝き、現在はモデルやタレントとして活動する、ドラマ初出演の知花くららを投入したが実らず。

     裏のテレビ朝日で放送された『フィギュアスケートグランプリファイナル世界一決定戦2015』の男女フリーが、20.7%の高視聴率を取ったことも少なからず影響しただろうが、それにしても、大河ドラマの最終回で、前週より数字が上がるどころか、下がってしまうというとは、なんとも情けない終幕。

     視聴率推移を見ると、15%を超えたのは初回(16.7%)と第3話(15.8%)のみ。14%台も、第4話と第11話の2回だけ、あとはほとんど、10~13%台で、1ケタの9%台も5度記録した。第48話、第49話では13%台をマークして、最終回への期待感もあったが、結局踏ん張り切れず12%台に終わった。

     これで、大河ドラマとしては、昨年の『軍師官兵衛』(岡田准一主演)に続き、2年連続で20%超えを1度もマークできなかったことになる。最後に大台を記録したのは、2013年の『八重の桜』(綾瀬はるか主演)の初回(21.4%)で、ほぼ3年間、20%超えを記録できていない。

     来年の『真田丸』(1月10日スタート予定)は『半沢直樹』(TBS系)、『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)で高視聴率をゲットし、“新・視聴率男”を襲名した堺雅人が主演を務め、脚本は三谷幸喜。キャストも木村佳乃、長澤まさみ、草刈正雄、高畑淳子、大泉洋、草笛光子、黒木華、内野聖陽、近藤正臣、斉藤由貴、藤岡弘、吉田羊、高嶋政伸、遠藤憲一、小日向文世、桂文枝、鈴木京香、竹内結子、山本耕史、片岡愛之助、吉田鋼太郎らの出演が決まっており、超豪華。これで、視聴率が取れなければ、大河ドラマも終わりか……。

    ☆NHK大河ドラマ 平均視聴率ワースト10
    1位タイ 12.0% 2012年 『平清盛』 松山ケンイチ主演
    1位タイ 12.0% 2015年 『花燃ゆ』 井上真央主演
    3位 14.1% 1994年4~12月 『花の乱』 三田佳子主演
    4位 14.5% 1968年 『竜馬がゆく』 北大路欣也主演
    5位 14.6% 2013年 『八重の桜』 綾瀬はるか主演
    6位 15.8% 2014年 『軍師官兵衛』 岡田准一主演
    7位 16.7% 2003年 『武蔵 MUSASHI』 市川新之助(現・海老蔵)主演
    8位 17.3% 1993年1~6月 『琉球の風』 東山紀之主演
    9位 17.4% 2004年 『新選組!』 香取慎吾主演
    10位タイ 17.7% 1993年7月~1994年3月 『炎立つ』 渡辺謙/村上弘明主演
    10位タイ 17.7% 2011年 『江~姫たちの戦国~』 上野樹里主演
    (文=森田英雄)

    踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!のページです。おたぽるは、アイドル&声優芸能、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

    --
    PICK UP ギャラリー
    台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
    人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
    ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
    台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

    ギャラリー一覧

    『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
    きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ