1512_kamenjyoshi_01.jpg


 仮面女子のさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブ開催が発表された瞬間は、今でも忘れられない。2014年10月13日にZepp Tokyoで行われた2ndワンマンライブでのことだ。リハーサルでは、モニターを見てリアクションをとるようにと指示されていただけ。あの瞬間、ステージにいたメンバーたちの驚きは、確かにリアルな反応だった。

 それから1年。当時いたメンバーの多くが別の道を選ぶ中、11月23日のステージに立った18人は、“絶対にさいたまスーパーアリーナのステージ立つ”という意志を固く抱き、訪れる困難を乗り越えてきた、選ばれしメンバーだったといえよう。

■緊張感漂うリハーサルに密着

1512_kamenjyoshi_02.jpg
リハーサル中の立花あんな。

 リハーサルはいつも以上に緊張感が漂い、心なしかメンバーの笑顔も少ないようにも感じられた。メンバーの思いの強さを感じたのは、登場シーンの確認のとき。モニターに流れる映像が、一瞬止まってしまったのだ。登場シーンの全体としては問題なく確認できたものの、映像が乱れたタイミングというのが、立花あんながフラッグを持って「Follow me!」と叫ぶ場面。立花あんなの表情がこわばっていた。

 このときを立花あんなは「ここはけっこう大事なシーンで、鳥肌を立たせるポイントだったので、真剣でした。1年間走ってきた思いを見せるために、なんとしても成功させたかったので、時間が押してしまいましたが、妥協せずにもう一度やらせてもらいました」と振り返る。



1512_kamenjyoshi_04.jpg
仮面女子候補生を見つめるマネージャーの月村麗華。

 アンコールの「全開☆ヒーロー」の確認では、バックで踊る仮面女子候補生も登場して、全員揃ってのリハーサル。今回、仮面女子候補生は、元アリス十番で現在はマネージャーの月村麗華が率いていた。普段はマイクを持ってパフォーマンスをする候補生たちだが、今回はマイクなし。リハーサルでうまく踊れない彼女たちに、演出を担当する永田雅規からレクチャーをするように頼まれたのは月村麗華だった。「全開☆ヒーロー」は自身がアイドルだったときに歌っていた曲。元アイドルの経験が活かされる場面だった。候補生の出来をうかがうと、「一度間違えたところはもう間違えないようにと、今日はけっこう厳しく言いました。いつもはキャピキャピ一緒になって話していることが多いのですが、こういうときは、私がしっかりダメなところはキツく言って、気持ちを奮い立たせなければいけないと思うので」と月村麗華。さすがは“総長”と呼ばれた彼女だ。

“地下アイドル”の現実を感じる一幕も… 仮面女子・さいたまスーパーアリーナワンマンライブの真実のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優アリス十番アーマーガールズスチームガールズ仮面女子地下アイドルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…