1512_wadayouichi.jpg
『シンラ・テクノロジー』公式サイトより。

 小島プロダクション解散、『サイレントヒル』(コナミデジタルエンタテインメント/以下、コナミ)新作の開発中止など、たび重なる小島秀夫氏への仕打ちで、国内はおろか、海外からも非難が相次いでいるコナミ。今月6日、元・スクウェア・エニックス取締役会長で、現在はシンラ・テクノロジーの社長を務める和田洋一氏も、自身のFacebookでコナミを批判した。その投稿には、国内ゲーマーからも賛同の声が上がったが、一部「お前が言うことではない」という声も。

 これまでもバッシングは見られたが、今月4日(日本時間)に行われた「The Game Awards 2015」が、アンチ・コナミを決定づけた。小島氏が監督した『Metal Gear Solid V:The Phantom Pain』(以下、『MGSV:TPP』/コナミ)が、「Best Score/Soundtrack」と「Best Action/Adventure Game」に輝いたにも関わらず、小島氏の登壇はなし。代役としてスネーク役のキーファー・サザーランドが登壇するかたちで一応は事なきを得たものの、会場ではブーイングが起きていた。

 また主催者であり、小島氏と親交が深いGeoff Keighley氏が「コナミがイベント参加を許可しなかった」と明かしたことで、世界中のファンが激怒。Twitter上で「#Fuckonami」がトレンド入りするなど、大炎上が巻き起こった。怒ったのはファンだけではない。ビデオゲーム開発スタジオ・Respawn EntertainmentのVince Zampella氏(@VinceZampella)が「小島が会場にいないのは酷すぎる。コナミよ、恥を知れ」とツイートしたり、『Gears of War』(Microsoft)で知られるCliff Bleszinski氏(@therealcliffyb)が「頭でっかちか」とツイートしたりと、多くの業界関係者が怒りや不満を露わにしている。その流れで、コナミに対する自身の考えを語ったのが和田氏だ。以下、6日の同氏Facebook投稿。

「小島さんを存じ上げているだけに、こんな酷い仕打ちってあるか!と、言いたくなりますが、ここでは企業経営の観点から感想を。これはどう考えても企業にとってはマイナスです。家庭用ゲームから実質撤退という事は経営方針なのでしょうが、わざわざ世間を敵に回す意味はありませんよね。一般的には、こういう事が起きるのは経営者不在の時です。企業全体をデザインして細部にまで気を配る司令塔がいないのではないかな。つまり意図してやっていない事こそが問題との印象です。事務局に丸投げ。事務局は淡々と対応しているのでしょうが、自部署の感覚が世間とずれている事には意識がなく、結果として残念なことになる。以前、JAL、ANAのロゴの変遷を巡って似たようなポイントに言及した記事がありました」

「大きなお世話ですが、ここまでくると少し心配です」という一文を添えてはいるものの、誰の目から見てもコナミの痛烈批判。当然、コナミをよく思っていないゲーマーは多く、和田氏の発言には「せやな」「和田さんいいぞ」「確かにこの仕打ちはあまりにも酷い。コナミのゲームは2度と買わん」「コナミはマジで何がしたいんだろうな」「ほんと異常な扱い。いじめかと思う」など、賛同の声が上がった。中には、「スクエニが買ってやれよ」「スクエニに小島。意外に面白いかも」「小島のスクエニ入り決定か。あとは裁判起こしてメタルギアの権利取り返すだけだな」と、小島氏のスクウェア・エニックス入りを期待する声も。

 ただ一方、「コナミと小島の間にどんな確執があったのかは外からはわからんだろ」「大きなお世話サマー」という声、また「お前も似たようなものだろ」「クズ和田が言うと説得力ないな」「開発者リストラしたくせに何言ってんだよ」「スクエニも優秀だった社員を切りまくって契約社員入れまくってただろ」といった声も多い。2010年、和田氏は「企業合併を繰り返す中でマネジメント力が弱くなり、組織がゆるんで大企業病のようなものが出てきた。組織を有機的に動かせるサイズにする」という理由から、スクウェア・エニックスの約3,800人いる社員の10~15%を削減している。それを考えると、確かに言えた立場ではない。

 しかし、「なんだかんだ言われてるけど、和田は優秀だと思うわ」と評価するゲーマーも見られる。15年近く、大手ゲーム会社であるスクウェア・エニックスを束ねてきた手腕もまた確かだろう。現在は、新しいゲーム体験をより容易に開発できる環境を構築するシンラ・テクノロジーを牽引する和田氏。小島氏と協力する姿も見てみたい。

元スクエニ社長・和田洋一氏、コナミを痛烈批判!! 賛同者続出も「お前が言うことではない」の声が…のページです。おたぽるは、その他メーカーゲームコナミシンラ・テクノロジースクウェア・エニックスメタルギア和田洋一小島秀夫の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ