1512_shirogumi.jpg
『白組 OFFICIAL WEBSITE』より。

 先月27日、文京学院大学で「今、日本の映画産業に何が起きているのか?」と題されたセミナーが開催された。同セミナーでは、同大学経営学部教授で、アニメや実写映画の制作会社、白組のコンテンツ・スーパーバイザーも務める公野勉(くの・つとむ)氏が、現在の映画事情を解説し、“アニメ作品のオワコン化”の持論まで展開した。結果、世間からは賛同する声も上がったが、中には「もう随分前から言われてるだろ?」「長続きする作品もある」と異を唱えるファンも見られる。

 円谷プロダクション→円谷映像→東北新社→ギャガ・コミュニケーションズ、第2期邦画製作部門の事業立上げ→日活→GDH(現ゴンゾ)→タカラトミー、コンテンツ・スーパーバイザー→竜の子プロダクション(現タツノコプロ)→タカラトミー、アドバイザーと、1993年に円谷プロダクション入社以来、長きにわたり映像業界に関わり、現在は白組のコンテンツ・スーパーバイザーに着任する公野氏。これまでに、青山真治監督『冷たい血』、石井克人監督『鮫肌男と桃尻女』、深作欣二・深作健太監督『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』など、多くの作品に携わってきた敏腕だ。

 また実写映画だけでなく、『STAND BY ME ドラえもん』や『GAMBA ガンバと仲間たち』などのアニメ作品を制作した白組のコンテンツ・スーパーバイザーを務める公野氏は、当然のことながら、アニメ業界にも詳しい。その公野氏が先月27日のセミナーで、アニメ業界の問題点として「制作会社が1番リスクの高い流通システム」「1クール作品の増加」「ビデオソフトの売り上げ減」「声優のギャラ増大による映像制作費の圧縮」「原作者・クリエーター・声優の権利増大」などを挙げた。これでは、いくら放送時に話題を集めたとしても、制作本数の多さから、終了後は次のアニメに関心が移ってしまい、固定のファンがつかないという。

 アニメ作品のオワコン化を危惧する公野氏は、さらにその理由をこう述べる。

「作品よりも声優人気に依存するケースが増えたため、効果的な集客はオンエア期間のみになってしまう傾向にある」

 他にも「終了後のTwitter減少」などにも触れ、「オリジナル作品は終了時と同時に何かしら策を見出さないとオワコンと化す」といったことを、セミナーで語ったようだ。

 これに対し、アニメファンからは「正論」「面白い作品ができても、知られずにあっという間に埋もれていくんだよな」「馬鹿みたいに作りすぎなんだよ。夜中にテレビつけっぱなしにしてると、何本も連続でやってるが、さっぱり見分けがつかん」「正直、ラノベアニメはうんざりです」「つまらないアニメを深夜にどれだけ流しても無駄」など、賛同する声が上がった。

 また、「つまり声ヲタは害悪だと?」「声優オタってなんなの?醜女醜男でも上手いのが声優やればいい」「声優が握手会を開いてDVDを買わせればいい」「声優アイドルファンは、別にアニメファンじゃないからな」と、声優ファンに否定的な声も。

 ただ、公野氏が携わる白組のアニメ作品がアニメファンからの評価が低めなこともあり、「白組レベルでドヤ顔の教授」「白組制作のアニメは、ほとんど知らないな」「白組さんに言われても、声優やクリエイターを責める気にはならない」「あんな低レベルの映画作っても教授になれるんだな」などの声も見られる。

 さらに、「放送終了即オワコン化なんて、90年代からあっただろ」「アニメスタジオが潰れるなんて昔から」「いつの時代にも言われてることを、ただ言ってるだけ」と“今さら感”を指摘する声や、「今なおファンが増え続けてる、戦車と女の子の話知ってる?」「アニメオリジナルは『あの花』とか、結構、息が長い印象。『ガルパン』も劇場まで繋がったし」「『ガルパン』の例を見てみなよ。新作映画を作るため、熱量維持にどれだけ大勢の人らの本気が込められていたかを」「終わっても忘れないでずっとファンがいる作品もあるよ『ラブライブ』『魔法少女まどか☆マギカ』『ガールズ&パンツァー』とか。せまい視点から物を見すぎ」など、テレビ放送が終えても人気のアニメを挙げるファンも多い。

 10月に公開された『GAMBA ガンバと仲間たち』が大コケしてしまっただけに、若干ながら説得力に欠けてしまった、公野氏のセミナー。とは言え、アニメ業界のことを真剣に考えているからこその発言であるには違いないだろう。次の白組アニメに期待がかかる。

『GAMBA』白組スーパーバイザー・公野勉氏「アニメ、オワコン化が進むのは声優に依存するため」に賛否!!のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情GAMBA ガンバと仲間たちSTAND BY ME ドラえもんガルパン公野勉白組の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
グラドル川崎あやが朝から悩殺ポーズ!午前中から脳ではなく別のところが覚醒しちゃうよ…new
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?