1512_ranking.jpg
『ONE PIECE コミックス累計発行部数3億冊突破記念キャンペーン』サイトより。

 先月30日にオリコンが、「オリコン 2015年 年間“本”ランキング」を発表。芥川賞を受賞し話題を呼んだ、ピース・又吉直樹の『火花』(文藝春秋)が1位を獲得した「BOOK総合」をはじめ、「文庫総合」「タレント本」「写真集」など、さまざまなカテゴリの発表がされたが、オタク的に注目したいのは「コミック作品(シリーズ)別」と「ライトノベル」(以下、「ラノベ」)。去年は「コミック作品別」で尾田栄一郎の『ONE PIECE』(集英社)が、「ラノベ」で著・じん(自然の敵P)氏/イラスト・しづ氏の『カゲロウデイズ V -the deceiving-』(KADOKAWA)が、それぞれ首位に輝いたが、さてさて今年は? まずは「コミック作品別」から。

 推定売上部数1,410万2,521部で1位となったのは、やはり『ONE PIECE』。実に8年連続の首位だというから驚きだ。また、「コミック総合」では76~79巻がトップ4を独占。どの巻もおよそ300万部売れているということは、シンプルに考えると300万人が『ONE PIECE』を集めているということになる。ちなみに、茨城県の人口とほぼ一緒。

 2位は1,030万4,112部で、鈴木央氏の『七つの大罪』(講談社)。去年9位だった作品が大きな飛躍を見せた。去年10月~今年3月までTVアニメが放送されたこと、5月に発表された「講談社漫画賞」少年部門に選ばれたことなどが、部数を伸ばす要因となったのだろう。これだけ売れていると、鈴木氏のことをいつまでも「『ライジングインパクト』(集英社)の人」と呼んでいたら赤っ恥をかきそうだ。

 877万8,048部を売り上げ3位となったのは『進撃の巨人』(講談社)。目薬(サンテ)をはじめ、さまざまなコラボ展開を見せたり、作者・諫山創氏のふるさと大分県と大阪にて「進撃の巨人展 WALL OITA(OSAKA)」を開催しながらも、去年の1,172万8,368部から大きく下がってしまった原因は実写化映画? 8月と9月に連続公開された映画『進撃の巨人』はある意味、今年1番の話題作だった……と、過去形にしてしまったが、調べたらまだ上映中となっていた。

 以下、4位『暗殺教室』(860万5,861部/集英社)、5位『キングダム』(856万9,215部/集英社)、6位『ハイキュー!!』(653万1,508部/集英社)、7位『食戟のソーマ』(432万1,830部/集英社)、8位『テラフォーマーズ』(418万8,158部/集英社)、9位『監獄学園』(405万8,119部/講談社)、10位『東京喰種トーキョーグール:re』(375万8,541部/集英社)。

 ご覧のとおり、2位、3位、9位以外すべて「週刊少年ジャンプ」「週刊ヤングジャンプ」という結果に。世間からも「こうやって見ると、やっぱ『ジャンプ』強いな」「『ジャンプ』に載れば売れる風潮」「この分野は結局、オタク層しかいないんだろうな。『ジャンプ』なんて30超えたおっさん、まず手にしないぞ」など、「ジャンプ」を口にする声が多く上がった。ただ、「黄金期の『ジャンプ』は面白かった。今はクソ」「黄金期の『ジャンプ』を知ってると、ワンピはすべてがパチモンに感じる」といった、いまだに“昔の「ジャンプ」最強論”を唱える“中年ジャンパー”も多い。

 それでも毎号読んでしまうのが「ジャンプ」! というのがわかったところで、「ラノベ」のランキングへ。

「オリコン 2015年 年間“本”ランキング」発表!! 「マンガの集英社、ラノベのKADOKAWA」!?のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情ONE PIECEやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか週刊少年ジャンプ進撃の巨人魔法科高校の劣等生の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ